「クラウド」の安全性を国が認証?

政府は、「クラウド」の安全性を認証する制度を2020年に導入する方針を固めたとのこと。

~ 関連ニュース ~
データ ネット保管に基準…クラウド 国が安全認証へ : 政治 : 読売新聞オンライン ( 魚拓 )

安全基準を守っているかは、政府が認定する監査法人が定期的に審査する。基準を満たす事業者のリストを作成し、政府機関は入札などでこの中から契約先を選ぶ方式とする。



先日の車のプログラム更新の認証に加えて、今度はクラウドサービスの安全性の認証?
おいおい、まーた新たな利権、天下り先作りじゃないのか!?

もっとも、今回は国際的な要望にこたえるものと言う話もあるようです。

クラウドの安全性については政府の統一基準がなかった。米英などからは、日本が「抜け穴」になるとして、情報共有を不安視する声が出ていた。今回の認証制度でクラウドに詳細な安全基準を設けるのは、そうした不安に一定の答えを示すことになる。



~ マイ関連エントリー ~
自動車のプログラム更新を国の許可制にする? at 2019.2.7


いずれにしても、国にクラウドの安全性を確認する能力があるとは思えないのだが、、、
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です