「キッチン友」で友風焼きスペシャル

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ22軒目は、東横線白楽駅から歩いて5分、六角橋商店街の細い路地を入りこんだところにある「キッチン友」へ。
開店時間12:00だけど、到着したのは12:15、すでにもうこんな状態(´・ω・`)

 
25分ほど待って店内へ。
1階は厨房にカウンター席、それに4人席のテーブルが1個だけ。狭い階段を上がって2階へ行くと、4人席のテーブルが3個と2人席の三角形のテーブルが1個。1人だったので、2階の三角形のテーブルに案内されました。
2階は落ち着いた雰囲気です。(一部ぼかしを入れています)

 
生ビールの中(600円)と、ハンバーグやエビフライもいいけれど、ここはやっぱり、友風焼きスペシャル(950円 ライス付き)を注文。
友風焼き(850円)はこの店の名物料理で、豚肉とタマネギのニンニク炒め。スペシャルはその豚肉とタマネギが増量。

生ビールはキンキンに冷えています。

 
30分ほど待ってや~っと料理がきました。
ジュージュー音を立てた友風焼きスペシャル。

 
タマネギをかき分けると肉やスパゲッティ、ピーマンが顔を出します。

 
他に人参やポテト、かぼちゃのフライなどが顔を出しました。
とにかく美味しい!ごはんも進みます。
そしてこれはとってもビールに合う味!
なんだけど、、、残念ながらビールは料理を待っている間に飲んでしまってました(^^;
 
とにかく待っただけのことはある満足のいく味です。
美味しく頂きました。

それはともかく、何度も何度もせまくて急な階段をかけ登ったりかけ降りたりしていたお店のおねえさんは、たいへんだぁなと思った日曜の午後でした。
 
 
上記を含むキッチン友の写真および六角橋商店街の写真をアルバム「「キッチン友」の友風焼きスペシャルと六角橋商店街」(Picasa Web Albums)にアップロードしました。

 
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2016」(Google Photos)にも追加しました。今回16枚追加。
 
ビールの写真はブログ「そんな今宵もビールの用意だ」にも追加しました。
 

 

「カリオカ」でハンバーグ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ21軒目は、横浜駅西口五番街の「カリオカ (carioca)」へ。黒毛野牛100%のハンバーグがおいしいと有名なお店です。

 
店内は落ち着いた雰囲気。女性客も多く、また、おひとり様が多い。(一部ぼかしを入れています)

 
ランチメニュー。ビール(480円)と横濱ハンバーグステーキ230g(1580円)のデミグラスソースを注文。
ハンバーグにはサラダと飲みものorスープがついています。飲みものはビールを頼んだのでスープに。

 
ビールより先にサラダが来ました。横浜市内で採れた産地直送の新鮮な野菜を使っているそうです。

 
生ビールはサッポロ黒ラベル。昼間っからぷふぁー!

 
スープは金色の野菜スープ。おいしいスープです。

 
そしてジュージューと音をたててハンバーグ キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

 
焼き方はミディアムレアなので、中の中心部分がちょっと赤みがかっている柔らかなハンバーグです。
私はこれで特に問題ありませんが、肉は十分に焼いてないといやだという方は、ここのハンバーグは避けた方がいいのかも。(頼めば十分に焼いてくれるのかどうかは未確認です。)

美味しく頂きました。
 
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2016」(Google Photos)にも追加しました。今回7枚追加。

ビールの写真はブログ「そんな今宵もビールの用意だ」にも追加しました。
 

 

「コトブキ」でナポリタン

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ20軒目は、黄金町駅からあるいて5分、伊勢佐木町5丁目の「コトブキ」へ。

 
店内は昭和の定食屋。全席喫煙可。


 
生ビール(450円)とナポリタン(650円)を注文。
生ビールはサッポロ黒ラベルです。

 
生ビールにはお浸しがついてきます。

 
そしてナポリタン!

 
粉チーズがかかった状態で出てきます。
ナポリタンは太麺の横浜のナポリタンではなく、細麺のいわゆる喫茶店のナポリタン。
その昔、インベーダーゲーム機がテーブルになっていた喫茶店で食べたあのナポリタンです。
タマネギにハムにマッシュルーム。
ピーマンが入っていないのはこの店のこだわりらしい。

おいしく頂きました。
 
他のテーブルに運ばれていたでっかなオムライスがちょっと気になる~!
 
 
同じ写真をアルバム「「Yokohama 2016」(Google Photos)にも追加しました。今回6枚追加。
 
ビールの写真はブログ「そんな今宵もビールの用意だ」にも追加しました。
 

「サガン」でナポリタンランチセット

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ19軒目は綱島駅から歩いて1分、ビルの2階にある「サガン」へ。
洋食屋ではなく喫茶店ですが、ナポリタンがおいしいと有名なお店のようです。

 
店内は広くて落ち着いた雰囲気。昭和の喫茶店という感じでここもまた全席喫煙可です。
イスはソファーです。このソファーはコーヒーでも飲みながら本を読んで過ごしたりするにはいい感じですが、食事をするにはちょっと不便かも。

 
ナポリタンのラントセット(880円)を注文。サラダと飲みものがついています。
一つのお皿にサラダとナポリタンが乗ってやってきます。

 
ナポリタンは太麺の横浜のナポリタンとは違う、所謂喫茶店のナポリタンですが、ケチャップの絡み具合が濃過ぎず、薄過ぎず、い~い感じのナポリタンです。
それにベーコンの量が多いのがうれしい。
 
おいしく頂きました。
 
また、フロアのおねえさんたちの笑顔が素敵でとっても良い対応でした。
 
 
そんな「サガン」の写真をアルバム「「サガン」でナポリタンランチセット」(Picasa Web Albums)にアップロードしました。

 
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2016」(Google Photos)にも追加しました。今回6枚追加。
 

「すいれん」でハンバーグとグラタンセット

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ18軒目は日の出町から川を渡ってちょっと路地に入ったところにある「レストランすいれん」へ。

 
店内は昭和の洋食屋という感じ。思ったより広い。

 
メニューを見ると洋食屋というよりは定食屋の方がしっくりくるかも。

 
スプーンやフォークはテーブルの上の籠の中。

 
とりあえずビール(笑

 
当初はナポリタン(850円)を食べるつもりでしたが、せっかくなので、ランチタイムメニューのハンバーグとグラタンセット(1000円)にしました。
しかし、それは失敗だったかも(´・ω・`)

 
パンプキンスープは美味しかった!
ひらべったいハンバーグはごくごく普通のハンバーグ、かかっているソースもごくごく普通のデミグラスソース。

 
貝の形のお皿に入ってきたグラタンもごくごく普通のグラタンでした。

 
でも、なんだかんだ言いつつも、おいしく頂きました。
  
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2016」(Google Photos)にも追加しました。今回8枚追加。
  
 
ビールの写真はブログ「そんな今宵もビールの用意だ」にも追加しました。
 

「タマガワ」でナポコロ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ17軒目は関内の洋食屋「タマガワ」へ。

 
店内は昭和の洋食屋という感じ。全席喫煙可。

 
ナポコロ(ナポリタン+カニクリームコロッケ+サラダで1100円)を注文。
カニクリームコロッケとサラダがまず出てきました。

 
カニクリームコロッケはホクホクしていて味は悪くありませんが、クリーミーさが今一つ。
 
そしてナポリタン。

 
モチモチした太麺のナポリタンはこれぞ横浜のナポリタンという感じ。
おいしく頂きました。
 
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2016」(Google Photos)にも追加しました。今回4枚追加。
 
 

「ラクレット」でハンバーグ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ16軒目は桜木町の洋食屋「グリル・ラクレット」へ。

 
店内はJAZZが流れる落ち着いた雰囲気。

 
ハンバーグ(1100円ライス付き)を注文。
ジュウジュウアツアツのハンバーグ!

 
デミグラスソースとは異なるスパイシーな特製のソースが、肉の詰まったハンバーグと絶妙のコンビネーション。
おいしく頂きました。
 
今日の横浜はグレーな曇り空。
そんな横浜の写真をアルバム「曇り空の冬の横浜」(Picasa Web Albums)にアップロードしました。

 
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2016」(Google Photos)にも追加しました。
今回ラクレットの写真も含めて19枚追加。
 

「綺・Luck」でハンバーグ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ15軒目は桜木町の洋食屋「綺・Luck」へ。

 
きれいで落ち着いた雰囲気のお店です。

 
ランチはセットのみ、ということで、ハンバーグステーキセット(1650円)を注文。
まずはかわいく並んだ前菜から。クリーミーな冷たいスープも、手で食べてくださいというスコーンもとても美味しいです。

 
そしてハンバーグ。少しだけ柔らかなハンバーグは、そうそう、これこれ、こんなハンバーグが食べたかったのよ、という触感も味も抜群のハンバーグ。デミグラスソースもやわらかーい人参とじゃがいももすべてが美味しい料理。

 
最後にデザートとコーヒー。ここで過ごす時間はとてもゆーっくり過ぎているように感じます。

 
ランチで1650円はちょっと高いですが、十分満足できる一時でした。
美味しい料理とゆっくりした時間をありがとうございます。
 
そんな「綺・Luck」の写真をアルバム「「綺・Luck」でハンバーグ」(Picasa Web Albums)にアップロードしました。

 

「TAKEYA」でナポリタン

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ14軒目は、坂東橋の「TAKEYA」。

 
店内は昔ながらの喫茶店という感じ。カウンター席とテーブル席があります。全席喫煙可。


 
ナポリタンを注文すると、テーブルにドーンとでっかいタバスコの瓶を持って来られます。

 
ナポリタンはもちもちの太い麺にたっぷりのケチャップ。

 
粉チーズはカップに入ってきます。スプーンで好きな量をさらさらとかけます。

 
650円で飲みもの付きです。

 
おいしく頂きました。
 
 
同じ写真をアルバム「「TAKEYA」でナポリタン」(Picasa Web Albums)にもアップロードしました。
 

 

「プクプク亭」でハンバーグ

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズの13軒め、横浜市の東の端、日吉の「プクプク亭」へ。
ビルの2階にあります。

 
落ち着いた雰囲気の店です。
特製ハンバーグはレギュラーサイズの170gと少し小さな150gを選択できますが、レビュラーの170g(1185円)を注文。ライスがついています。
見た目お上品なハンバーグですが、肉がぎゅぎゅーに詰まっていて、味も触感もとてもいい感じ、なによりも、特製のデミグラスソースが超激旨!!!

 
おいしく頂きました。
 
そんなプクプク亭の写真をアルバム「「プクプク亭」でハンバーグ」(Picasa Web Albums)にアップロードしました。

 
 
アルバム「Yokohama」にも写真を追加したいところですが、利用していたサービス「OneDrive」が無料での容量がダウンしてしまうということなので、引越し先思案中により、追加はしばらくお預けです。
(´・ω・`)