東京オリンピックに向けて1-大規模交通管理システム

2020年に東京でオリンピックが開催されることが決定しましたが、東京オリンピックに向けて、東京都でこんなことができるようになったらいいなと思うようなことをつらつらと書いてみようかな。
ということで、まずはその第1回。
まずは、混雑回避が必要かなということで・・

■大規模交通管理システム

スマホやあるいは都内のホテル全室に設置された端末で、チケットを読み込ませるか、見る予定の競技を登録することで、そのデータをすべて収集し、その日にどこからどこまでどれくらいの人が移動するのかを計算、それに合わせて当日の各種交通機関のダイヤを編集する。また当日の道路の混み具合、駅の混み具合などのデータをもとにリアルタイムに最適な経路を計算して、見る競技を登録した本人に知らせる。
特にオリンピック観戦とは関係のないトラックの運ちゃんなども、このシステムに行き先を登録することで、現時点の最適な経路を知ることができる。そんなシステムができたらいいな。

あれっ?
このシステムが動作すると、オリンピックとは関係ない一般の通勤者にとっては、毎日ダイヤが変わってしまってこまったことになる?
毎日コノシステムで最適な通勤・帰宅経路を探さないと行けなくなってしまう?
もうちょっと考える必要がありそうです。。。

東京オリンピックに向けて1-大規模交通管理システム” への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。