ファイル共有「Dropdo」を試してみた

ファイル共有サービスの「Dropdo」を試してみました。


(画像をクリックすると拡大画像を表示します)

上記「Upload a file」よりファイルをアップロードし、そのファイルのURLをメールなどで伝えることで、そのファイルを閲覧したりダウンロードしたりできます。
特に登録は不要。

まずはjpgの画像ファイルをアップしてみました。
arekore.JPG – Dropdo

(画像をクリックすると拡大画像を表示します)

次にWordファイルをアップして見たところ・・・

(画像をクリックすると拡大画像を表示します)

ありゃりゃ?
登録してやってみたけれど、結果は同じ。登録すると、アップロードしたファイル一覧を見ることができるのですが、それを見ると・・・

(画像をクリックすると拡大画像を表示します)

なるほど、ファイル名が日本語だったからダメだったんですね。
ということで、ファイル名を変えて、Wordファイルをアップしました。
以下のように、ファイルの中身が表示されます。
test.doc – Dropdo

(画像をクリックすると拡大画像を表示します)

同様にpdfファイルをアップ。
test.pdf – Dropdo

(画像をクリックすると拡大画像を表示します)

ファイル一覧はこんな感じ。

(画像をクリックすると拡大画像を表示します)

登録してからアップロードすると上記一覧より削除できるけど、登録しないでアップロードしたファイルは削除できないんですね。

操作はいたって簡単だし、ビューアもサクサク動いて見やすい。
中々いいですね。
ただファイル名が日本語だとダメなのと、パスワードをかけることができないのがちょっと残念。
そんな「Dropdo」なのでした。

関連ニュース
迅速でミニマルなファイル共有サービス「Dropdo」
by Lifehacker at 2011.06.05

ファイル共有「Dropdo」を試してみた” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。