真田丸「信之」

sanadamaru20160918

とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「真田丸『信之』」、面白かったです。
上田での戦には勝ったけど、関ヶ原での石田三成の敗戦により、九度山に蟄居となった昌幸・信繁親子。
信繁はここで14年間も過ごすことになる。結局彼の人生で最も長く住んでいた場所なんだよな。
次回は父昌幸が亡くなる回?
九度山入りが1600年、昌幸が亡くなるのが1611年、ということはあっという間に11年が過ぎちゃうってこと?
ということはということは、やっぱり大坂冬の陣・夏の陣はすっごく長く描かれるのかなぁ?
ちょっぴり楽しみ。

今回も春ちゃん、かわいかったぁ~!

なになに、千姫もかわいいらしい?
それは楽しみぃ。
  
 
Facebookページのアルバム「『真田丸』落書きノート」にも絵を追加しました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です