「タンゴ」でポーク生姜焼

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ106軒目は、鶴見のアーケード商店街「レアールつくの」内にある「タンゴ」へ。

 
洋食屋というよりは喫茶店ですが、洋食メニューが充実しています。

 
パスタ食べ放題なんていうのもあります。

 
店内は昭和の喫茶店。木のイスの4人席のテーブル席が11個。
ピアノ音楽が静かに流れています。

 
柱にはこんな飾りも。

 
本日の日替わり定食のC「ポーク生姜焼」(980円) を注文。ヨーグルト、杏仁豆腐、コヒーゼリーなど12種類の中から選択する「おまけ」とドリンクがついています。コーヒーゼリーとアイスコーヒーをお願いしました。

料理が来ました。
ライスとみそ汁、おしんこ付きです。


生姜焼きの肉が厚い!
味は普通の生姜焼きですが、生姜焼きに、はずれはありません。
ナポリタンはいわゆる喫茶店のナポリタンです。
サラダにはマヨネーズ。

食後におまけのコーヒーゼリー。

 
そしてアイスコーヒー。

コーヒーとコーヒーになっちゃったな、、、
でも、いずれも美味しく頂きました。
 
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、先にBloggerのブログ「濱の洋食屋」の方に投稿し、それをこちらにコピペしたものです。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2018」(Google Photos)にも追加しました。今回9枚追加。
 

接客も丁寧で美味しい料理に満腹満足!
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です