「シオダ」でポーク生姜焼き

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ156軒目は、瀬谷駅から歩いて15分くらいのところにある「シオダ」へ。


日替わりランチは曜日毎に異なるメニューです。


店内は竹を基調にしたテーブルとイス、そして緑が多く落ち着いた雰囲気。ピアノのクラッシック音楽が流れています。


照明はこんな感じ。


本日の日替わりランチ「ポーク生姜焼き」(918円)を注文。

すぐに暖かいコンソメスープが出てきます。


料理が来ました。

生姜焼きは極々普通の生姜焼き。
付け合わせがキャベツやもやしではないところが普通の生姜焼きと違うところか。
ボリュームもあります。
美味しく頂きました。

これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、Bloggerのブログ「濱の洋食屋」とW投稿です。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2019」(Google Photos)にも追加しました。今回7枚追加。

接客のおにいさんは物腰柔らかで、ゆっくり丁寧にお話されます。
厨房で調理されているのは女性。もしかしたらおかあさん?
美味しい料理に満腹満足!
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です