横浜大戦争


横浜大戦争 (文春文庫) – 蜂須賀 敬明 (著)


横浜の各区毎にその区を護る土地神がいる。新しい区ができると天界から新しい神が降りてきてその区の神となる。分割してできた新しい区の神はもとの区の神の弟や妹や子のような存在となる。そんな各区の土地神の上に横浜市全体を護る横浜の大神が存在し、さらにその上に神奈川県全体を護る神奈川の巨神が存在する。そんな土地神の世界において、横浜各区の土地神が横浜No1を競って戦争を始める?

~ もくじ ~

序幕
第一章 立志編
第二章 追憶編
第三章 再起編
第四章 船出編
第五章 宮中編
第六章 勤労編
第七章 乱麻編
第八章 帰参編
第九章 威信編
終幕
神々名鑑




これで、、、2007年07月13日以降(4612日)、、、
読んだ本   1017冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 246900ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター


横浜に住んでいなかったら、面白くもなんともないかもしれない・・・
続編も出ているので、続編が文庫になったら読もうかな。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。