アニメ「約束のネバーランド」を見て

とうふです。
ここ数日間かけて夜に少しづつ、Amazon Primeでアニメ「約束のネバーランド」を一気見しました!
シーズン1はほぼ原作通りかな。よかったです。
しかし、シーズン2は・・・
3シーズンか4シーズン分のストーリーを1シーズンにまとめたから?
鬼の世界をテレビで放送するのはよくないと考えられたから?
元々、アニメは原作に対して話が変更されていたり、省略されていたりとうのはよくあることではありますが、ここまで、話がすっぽり抜け落ちたアニメって今までなかったのではないでしょうか?

ゴールディ・ポンドは?
七つの壁は?
王都の決戦は?
そもそも王侯貴族の鬼たちがほとんど出てこないのば、これはもはや「約束のネバーランド」の世界観をまったく表してはいないのではないでしょうか?
アニメとして放送されたということは、作者も了承しているということなのでしょうから、視聴者の我々があれこれ言うことではないのでしょうけれど、、、
シーズン1がよかっただけに、すっごく残念なシーズン2なのでした。

次は実写版を見てがっかりしようかな。
浜辺美波ちゃんはとってもかわいいのはわかるけど、11歳の少女を演じるにはちょっと無理がありますよね、、、
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です