ナース裏物語

ナース裏物語―白衣の天使たちのホンネ (文春文庫)
中野 有紀子
文藝春秋
売り上げランキング: 377470

私が1年に1回程度、この手の本を読んでいるのは、
看護師(現在は看護学校教員)の我が家のおかあさんのことを
もっと理解するためです。(嘘

~ もくじ ~ 

はじめに
第1章 ナースのお仕事
第2書 ナースと患者の微妙な関係
第3章 制服を脱いだナースたち
第4章 良い病院、悪い病院
終わりに

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

“新人類”なんて言葉がありましたが(古い?)、今や私たちの間では彼らは”新人類”を通り越して”宇宙人”、というのが定説。言葉が通じると思ったらとんでもないぞ、と肝に銘じておかないと、痛い目に遭います。(P78)

~ もう一つなるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

でも、そういう度を超した”クレーマー”の人も、やっぱり”病院好き”なんですよね。病院だと自分を相手にしてくれるから、何度も何度もやってきて文句をつける。もしかしたら私たちが治さないといけないその人の”病”の根は、そこにあるのかもしれません。(P122)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(1723日)、、、
読んだ本   331冊 (1日平均0.19冊)
読んだページ 75537ページ (1日平均43ページ)

読書メーター – atasinti
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です