恐怖の環境テロリスト

恐怖の環境テロリスト (新潮新書)
佐々木 正明
新潮社
売り上げランキング: 18597

エコテロ団体をエロエロ団体に空目(笑

などと笑っている場合ではない!

エコテロ団体とはどういう団体か、どういう人が何を考えてどんなことを行うのか、その実態に迫ります。
自分たちの「正義」のためなら、何を破壊しようが人を傷つけようがおかまいなし、そのやりくちのおそろしいことおそろしいこと・・・・
そんなエロエロ団体、じゃなかった、エコテロ団体が日本を標的にするのは、、、
儲かるから。

俺たちの鯨肉を返せぇ!

~ もくじ ~ 

プロローグ
第1章 日本叩きで稼ぐ動物愛護産業
第2章 原理主義者のオモテ戦術、ウラ組織
第3章 ソー・シェパード急成長の奥義
第4章 キング牧師、ガンジー、グリーンピース
第5章 カナダはなぜ撃退に成功したか
第6章 立ち上がった日本人たち
エピローグ
主要参考文献

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

客観性とは虚構であり、錯覚であり、詐欺であり、まやかしである。メディアに客観性は存在しない。物事に客観性があると錯覚させることは、戦略として有効かもしれないが、愚かな者だけがありのままの現実がメディアの中にあると信じている。(P95)

~ もう一つなるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

日本政府はPRが下手。シ―・シェパードとの戦いは情報戦であることを理解して対策をねっていない(P201)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(1730日)、、、
読んだ本   335冊 (1日平均0.19冊)
読んだページ 76362ページ (1日平均44ページ)

読書メーター – atasinti

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です