家族でテキ屋をやっていました


家族でテキ屋をやっていました | 高里杏子 | Amazon

日本の風物詩であるテキ屋、これまで明らかにされてこなかった実態を、テキ屋一家に生まれ育った著者が赤裸々に描く。

~ もくじ ~
はじめに
【第一章】私の家はテキ屋でした
【第二章】あんず売りの少女
【第三章】知られざるテキ屋のオキテ
【第四章】今日も商売、明日も商売
【第五章】我が家がテキ屋を辞めるとき
おわりに




これで、、、2007年07月13日以降(5685日)、、、
読んだ本   1231冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 307545ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター



ヤクザと同一視されるなどいろいろ誤解があるテキ屋のことがよくわかります。
あなたの当たり前は万人の当たり前ではないということを心に留めておかなければいけません。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です