「ビストロパリ17区」でとりモモ肉のアミ焼き

横浜の洋食屋を訪ねてシリーズ98軒目は、馬車道の「ビストロパリ17区」へ。

 
今日のランチメニュー。

 
店内はテーブル席がいくつかのこじんまりとしたお店。フランス語の音楽が静かに流れています。

 
お水はこんな水さしに入ってでてきます。

 
とりモモ肉のアミ焼のランチ(830円)を注文しました。パンとスープがついています。
 
ニンジンのスープ、これ、めっちゃくちゃ美味しい!

 
パンとバターとジャム。パンのみで、ごはんを選べないところは残念かも。


このパンが固いのです。
もっとも、フランスのパンってどれも固いんでしたっけ。
 
とりモモ肉のアミ焼き、きましたぁ!

野菜とマカロニに乗っかって、モモ肉が2切れ。
えっ、2切れだけ?
と思いましたが、固いパンとたっぷりのマカロニのおかげでお腹いっぱいになりました。
野菜にかかっていたドレッシングが独特の風味で美味しかったです。
またモモ肉もこれまた独特のスパイスが効いていてとっても美味しかったです。
  
 
これまで訪れたお店については、カテゴリー「濱の洋食屋」で確認できます。
 
この記事は、先にBloggerのブログ「濱の洋食屋」の方に投稿し、それをこちらにコピペしたものです。
各写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
 
同じ写真をアルバム「Yokohama 2018」(Google Photos)にも追加しました。今回8枚追加。
 
接客も悪くなく、美味しい料理に満腹満足!
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です