ゴッホのあしあと

ゴッホのあしあと 日本に憧れ続けた画家の生涯 (幻冬舎新書)
原田 マハ
幻冬舎 (2018-05-30)
売り上げランキング: 5,512

浮世絵の魅力に触れ日本に憧れたゴッホ。
ゴッホを題材にした小説「たゆたえども沈まず」の作者がゴッホが辿った地を廻りながら、その生涯をたどります。
 
~ もくじ ~

はじめに
ファン・ゴッホ関連地図
プロローグ 私とゴッホとの出会い
第一章 ゴッホの日本への愛、日本のゴッホへの愛
第二章 パリと林忠正
第三章 ゴッホの夢
第四章 小説『たゆたえども沈まず』について
第五章 ゴッホのあしあとを巡る旅

 
~ なるほどな一文 ~

小説も同じで、苦労して書き上げても読者がいなければ小説とは呼べない。読者に届けられなければ、独り事で終わってしまうのです。(P66)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(4003日)、、、
読んだ本   900冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 216932ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
ゴッホはけっして狂気の人ではなかった、ということがわかります。
小説「たゆたえども沈まず」も読んでみたい。

でも、文庫本が出るのを待とうかな、、、
しーゆー。
 
 

~ 追記 ~

おりしも、下記のような記事が出ていてびっくり。

ゴッホはいかに日本の芸術から影響を受けたのか? – GIGAZINE
 
 
この本に書いてあったことだ!
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です