粋な男たち

粋な男たち (角川新書)
粋な男たち (角川新書)

posted with amazlet at 18.08.09
玉袋 筋太郎
KADOKAWA (2018-07-07)
売り上げランキング: 6,940

 
お笑い芸人の著者が語る「粋」とは何か、「粋な男」とはどんな男か。
でも、話の2/3は自分の自慢話で、残りの1/3が自分の師匠のビートたけしさんや先輩のダンカンさんたちを褒めちぎっている話。
「オレは自分のことを粋な男だなんてこれっぽっちも思っていない」と書いているけれど、文章のあちらこちら、そこらじゅうから「ねっ、こんなオレって粋でしょっ」という匂いがプンスカプンスカ匂ってきて、クサいクサい・・・
もっとも、何が粋で何が野暮かなんて主観的なものなので、百人いれば百通りの粋があり、千人いれば千通りの粋があるわけなので、これがオレにとっての粋だといわれれば、はいそうですかと答えるだけです。
 
~ もくじ ~

はじめに
第1章 殿から学んだ「粋」の美学
第2章 で、「粋」ってなんなのよ?
第3章 酒場で学んだ「粋」
第4章 名もなき粋人たち
第5章 「粋」を教えてくれたオレの教科書
第6章 家族から学んだ波乱万丈の「粋」
おわりに―人生はやじろべえ

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(4046日)、、、
読んだ本   911冊 (1日平均0.23冊)
読んだページ 219471ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
えっ?
こんな本を読んでるようじゃ、まったく粋じゃないって?
おっしゃる通りで・・・
しーゆー。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です