Google+の通知が消える日

Google+にWEBでアクセスした際に通知ボタンをクリックすると以下のような表示が。

先日発表されたGoogle+終了までのスケジュールには書いてありませんでしたが、な、な、なんと、3月7日には「通知」が表示されなくなってしまうとのことです。
通知が表示されなくなると、自分の過去の投稿に誰かが+1してくれたり、コメントを書いてくれたりしても、その投稿を見に行かないと気がつかなくなってしまいます。つまり、コミュニケーションンツールとして機能しなくなってしまいます。

どうやら、Google先生は、最後の1日まで楽しく使わせる気はないようです。

「4月2日に終わると伝えたのに、おまいら、いつまでここでワイワイやってるんだよ。もしかして、最後の1日まで使う気なのか?まったく面倒くさい連中だなぁ。こうなったら、通知を止めてやる。さすがにみんな出ていくだろう」
というGoogle先生の声が聞こえる気がします。

ところで上記の「詳細」をクリックすると以下のような記載が出てきました。

Manage your notifications – Google アカウント ヘルプ

Manage your notifications
After March 7, 2019, notifications for Google web products will no longer be accessible from the navigation bar. If you’d like to receive similar notifications in the future, you can update the notification settings for your individual Google products.


Google翻訳で日本語化。

2019年3月7日以降、Google Web製品の通知はナビゲーションバーからアクセスできなくなります。 将来同様の通知を受け取りたい場合は、個々のGoogleサービスの通知設定を更新することができます。



Google+だけでなく、Googleのサービス共通で表示していたナビゲーションバー上の「通知」ボタンがなくなってしまうようです。
もっとも、Google+以外では、Googleフォトで、Google先生が「加工写真やムービーをGoogleアシスタンスに追加したよ」っていう通知くらいしか受けていなかったので、Google+以外のサービスでは個人的には特に問題ありません。

「最後の日まで楽しくやろうぜ!」という感じでしたが、さすがに通知を止められると、みんないなくなっちゃうかな・・・
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です