いだてん「おれについてこい!」

とうふです。
今週のNHK大河ドラマ「いだてん『おれについてこい!』」、面白かったです。

大人の事情でいつもより1分短いいだてんでした。
その1分をカットする必要あったのか???
NHKとしてやるべきことはやってますという主張をするための1分?
いっそのこと、CGを使って本物の大松博文監督の顔にすげ変えて放送するくらいのことをやればいいのに。

~ 関連ニュース ~
大河ドラマ「いだてん」第41回の放送内容・時間について

すでに発表されている通り、NHKではチュートリアルの徳井義実さんが設立した会社が、東京国税局から申告漏れを指摘された問題を受け、徳井さんについて、新たな出演・収録を見合わせることにしました。
大河ドラマ「いだてん」につきましては、10月1日に全編の収録が終了し、撮り直しができない状況にあるため、徳井さんのシーンを中心に、再編集して放送いたします。

徳井さんが演じる大松博文監督は、1964年の東京オリンピックで、東洋の魔女と呼ばれた日本女子バレーボールチームを率い、金メダルを獲得しました。その活躍ぶりは「いだてん」で欠かすことのできない物語のひとつでした。再編集にあたっては、視聴者のみなさまに満足していただけるよう、ドラマ全体の流れを損なわないことにもできる限りの配慮をいたしました。その結果、11月3日(日)放送予定の第41回は、通常43分の放送時間が42分となります。ご理解を賜りますようお願いいたします。引き続き、「いだてん」を何卒よろしくお願いいたします。



浅野忠信と井上順の「越後屋、おぬしも悪よのう」「いえいえ代官様にはかないません。」的雰囲気もさることながら、
田畑の「オレのオリンピック」という言い方もちょっと違和感を感じるんだよなぁ・・・

Googleフォトのアルバム「『いだてん』落書きノート」にも絵を追加しました。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です