炎上上等


炎上上等 (扶桑社新書) – 高須 克弥 (著)


高須クリニックの院長、高須克弥さんが自身のこと、自身が考えていることを書いた本。

~ もくじ ~

まえがき―誰も言わないなら僕が言う
第1章 ツイッターは今日も大漁
第2章 フリーメイソンの会員だけど聞きたいことがある?
第3章 誰もやらないなら僕がやる
第4章 いじめられても闘争心は失わなかった
第5章 自分の国ぐらい自分で守らなきゃ
第6章 中国、韓国、北朝鮮にも忖度せずに物申す
第7章 男も女も若さと美貌を欲しがる時代
第8章 日本ももう一度戦争をやってみたら?
あとがき―君たちはどう生きるか


~ なるほどな一文 ~

僕は、サイバラのことを”クマ”と呼んでいるんだ。彼女のことを対等の人間だと思えばすごく腹が立つけど、クマが何やってたって別に腹は立たないでしょ。要はそういうこと。(P100)



これで、、、2007年07月13日以降(4567日)、、、
読んだ本   1009冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 244793ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター


思想的にはかなり偏った方なので、合意できかねない箇所もありますが、しかしこの方の行動力はすばらしいです。
震災後の対応などは、相手を罵倒するだけで自分は何もしないそこらの右翼や左翼や政治家とはまったく異なります。

ところであのヘリコプターでドバイ上空を飛んでいたりアラブの方と談笑しているCMのことも書かれていましたが、結局あのCMで何を表現したかったのかはわかりませんでした。どうみても「ふふふ、私って金持ちでしょ!」って言ってるだけのCM。もともとアラブのお金持ち向けに作ったCMだということなので、私もあなたたちの仲間ですよって言いたかったのでしょうか。

そして、思想的に相いれないながらもこの方とお付き合いしているサイバラさんこと漫画家の西原 理恵子さんがいかにすごい人かがわかります。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。