差別・偏見・誹謗中傷ダメ、ゼッタイ!

とうふです。
ここ数節、川崎フロンターレの対戦相手に対して、SNSでの誹謗中傷する投稿が散見されているとのこと。
どうも、川崎フロンターレのサポーターではなく、なりすましアカウントによるものらしい。
相手選手の誹謗中傷が目的ではなく、川崎フロンターレのサポートはどこよりも平和的なサポータだったはずですが、それを貶めようとする行為?
どちらにすても、困ったことです。
許せないことです。

SNSにおける差別・偏見・誹謗中傷にあたる投稿について | KAWASAKI FRONTALE

今般、弊クラブの実在のサポーターになりすまし、他クラブや他クラブ所属の選手に対し、差別的な表現や偏見・誹謗中傷を伴う看過できない投稿が、SNS上に散見されています。

今回の差別・偏見・誹謗中傷となりうる表現や投稿については、Jリーグ統一禁止事項、並びに社会通念に照らし合わせても、他者になりすまし、実在のユーザーが発言したかのように見せかけ投稿する行為そのものとあわせ、弁解の余地はなく、断罪されるべきであると考えます。

なりすましの被害を受けた方、該当の投稿を見た他クラブの選手やサポーターの皆様の心の傷は、我々の想像を超えるものです。
私たち自身も被害者の立場として、様々な皆様との関係に悪影響を及ぼし、弊クラブの信用失墜にもつながることから、これ以上の被害の拡大を防止するためにも、注意喚起だけではなく直接的・具体的な対応が必要であると考え、適切な方針を提案してもらうべく、顧問契約を結んでいる弁護士事務所と具体的な調整に入りました。

川崎フロンターレは、差別・偏見・誹謗中傷にあたる行為は絶対に許容しません。

川崎フロンターレ


以下は川崎フロンターレからの協力要請。

皆様にご協力いただきたいこと ①

SNS上の投稿・情報は削除も可能なため、書き込み等を見つけた場合は、出来る限り早期の証拠の保全(印刷を行う。もしくはPCやスマホのスクリーンショット機能を利用して保存する)にご協力ください。
投稿先のURLや投稿時間が判別できるような形で、該当する投稿だけではなく、前後の投稿なども同時に保存いただくことをお願いします。

なりすましの情報は、下記の専用アドレスまで送付をお願いします。
⇒ report@frontale.cc
※(ご自身がなりすまし被害にあっている)直接的な被害者の方以外については、個別の返信は行いません。

皆様にご協力いただきたいこと ②

日頃、SNSを利用している際に自分がなりすましの被害に遭っていることは気づきづらいと思います。定期的にご自身と「同じ」「同じような」名前・アカウント名で検索をしていただくことをおすすめします。

なお、万が一、なりすましているアカウントを見つけたら、SNS上でつながっているご家族やご友人等に対して、注意喚起をした上で、各SNSの運営会社に対して、削除依頼等の通報の手続きを行ってください。


以下は昨日の対戦相手の浦和レッズさんのコメント。
『SNS における差別的、誹謗中傷的な投稿について』 | クラブインフォメーション | URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

昨日の試合終了後(9月20日)、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)にて弊クラブ所属選手に対する差別的発言や誹謗中傷を伴う看過できない発信を確認しました。

ここ数節、川崎フロンターレの対戦相手に対して同様の投稿が為されており、川崎フロンターレサポーターのアカウントを利用した成り済し行為と思われます。

これは浦和レッズだけではなく、Jリーグ全体に対して悪意のある行為です。

浦和レッズとしては、弁護士にも相談の上、今後の状況によっては法的措置も辞さない考えです。
今後もいかなる差別的、侮辱的な行為や言動、SNS等での発言も絶対に許すことはありません。

これからも浦和レッズの理念、差別撲滅宣言、SDGsのビジョン、提携する国連の友アジア-パシフィックと共に策定した差別撲滅に向けたアクションプログラム(行動計画)に基づき、浦和レッズは継続して、差別撲滅に向けて取り組み続けていきます。

浦和レッドダイヤモンズ



~ 関連ニュース ~
なりすまし差別発言に法的措置の調整を開始と発表【ニュース】 | 「川崎フットボールアディクト」

現状なりすまし自体に違法性はないが、なりすましアカウントによる差別的発言が、名誉毀損や侮辱罪などを問える可能性もある。そのあたりについて、今後検討していくものと思われる。また差別的発言を受けた選手はもちろん、なりすまされたサポーター、間接的にクラブの名誉を傷つけられたフロンターレ。そしてJリーグとしてもこの問題を看過するべきではないと考える。訴訟については個人で行うにはハードルが高いため、クラブなどが代行できればそれに越したことはないのは間違いない。

この件でありがたいのは、「川崎フロンターレサポーターのアカウントを利用した成り済し行為と思われます」とする浦和さんはもちろん、同じように中傷された広島の関係者も、フロンターレサポーターの気風ではないとして、フロンターレサポーターだとは考えていないとしている点。その理由として、こちらの動画で中野和也さんは、等々力の雰囲気を見ればそれはわかると指摘している。



みんなで、自分を装った偽アカウントが困った発言をしていないか注意しなくては!!!
私も注意しなくては!!!
差別・偏見・誹謗中傷ダメ、ゼッタイ!!!

Googleフォトのアルバム「Go! Go! Frontale! 2020」にも絵を追加しました。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です