J1第7節 川崎アディショナルタイムに知念のゴールで引き分け



とうふです。
サッカーJ1リーグ第7節、川崎フロンターレはジュピロ磐田とアウェイで対戦、1-1の引き分けやったとです。
前半から相手陣内に押し込み、相手の守りを崩しシュートを放つも得点にはならない、そんな時間が続く。
そして後半、まさかの失点。
その後もなかなか得点できない時間が続くも、アディショナルタイムに、家長のクロスを中央で知念が相手DFとせりあい、ポーンと上にあがったボールを、相手GKがこぼしたところを、駆け込んだ知念が蹴りこんでGOAL!!!
まだ時間はある、さぁ、逆転だと攻め続けるも、反撃はここまで。
決して悪くはない、攻め込み、崩し、シュートを放っている。
相手GKの何度ものファインセーブもあったものの、あれだけシュートを放って1点だけというのが今のフロンターレの課題か。
失点が多いのは、ジェジエウと車屋の不在が響いている?
でも、まけたわけではない。
最後にこの勝ち点1がものを言うのだ!
次は好調ンレイソル戦、そしてそのあとはACLの6連戦。
もっちろんフロンターレが勝ち続けるぞ!
HEART BEAT!
優勝めざしてGo! Go! フロンターレ!

勝つ為に叫ぶのさ 俺たちはここにいる♪
青黒の魂を 今ここに見せつけろ♪
 
 
Googleフォトのアルバム「Go! Go! Frontale! 2022」にも絵を追加しました。
しーゆー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。