むさこ


会社の指示で通勤経路が、「東横線-渋谷乗り換え-地下鉄銀座線」から「東横線-武蔵小杉乗り換え-JR横須賀線」に変更になって早1ヶ月、武蔵小杉での1駅分くらいの距離を歩く乗り換えにももう慣れちゃいました。
現在、動く歩道を含めてちょっとだけ距離が短くなるように工事が進行中です。

でも、毎日通っていてわかったのは、この武蔵小杉での乗り換え通路、本当の問題は、1駅分くらいの長い距離を歩かないといけないということではなく、南武線を待つ人であふれかえっている南武線のホームを通り抜けないといけないということです。
ホント、毎晩毎晩、あの人混みを抜けるのは一苦労です。

横須賀線ホームから長い通路を歩いてくると、南武線ホームの手前に、上りホーム側へ向かう陸橋へ登る階段とエスカレータがありますが、あのエスカレータの上から改札まで2階を歩いていけるように、つまり南武線ホームの上を歩いていけるようにして、南武線ホームを通り抜けなくてもいいようにしてほしいなぁ。でも改札に行く前に、南武線と交差している東急東横線とぶつかっちゃうからダメなんだよなぁ。
いっそのこと、東急東横線への連絡通路を作ってくれると助かるんだけどなぁ。

でも、なぜだか東急とJR東日本って仲が悪いからきっとそれもダメなんだよなぁ。
ずっと前から、武蔵小杉駅のJR南武線と東急東横線も、同じように交差している武蔵溝の口駅のJR南武線と東急田園都市線も、ホームとホームが隣接しているにもかかわらず、連絡口はなく、JRの改札まで行って外に出て戻らないと東急線に乗り換えられないし、また、JR横浜線は菊名駅で東急東横線と、長津田駅で東急田園都市線と連絡しているけど、JR横浜線の快速は停まらない。

とにもかくにも、
武蔵小杉の横須賀線と東横線の近道が欲しいぃ!

むさこ” への2件のコメント

  1. 横須賀線の武蔵小杉駅から東横線の武蔵小杉駅へはJRの連絡通路を通らず、外を歩いた方がずっと近いことに今日気がついた。

    雨の時はダメだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です