ミュージシャンはなぜ糟糠の妻を捨てるのか?

ミュージシャンはなぜ糟糠の妻を捨てるのか? (イースト新書)
細田昌志
イースト・プレス (2017-10-08)
売り上げランキング: 135,935

「糟糠の妻」という言葉を初めて知りました。
経済的に苦しい時期、下積み時代を支えてくれた妻。
そんな「糟糠の妻」を有名になったとたんに捨てて芸能人と一緒になるミュージシャンが多い?
この本はそんな糟糠の妻を捨てたミュージシャンを非難する本ではなく、TERU、布袋寅泰、桜井和寿、小室哲哉、矢沢永吉の5人の例をもとに、それぞれのミュージシャンにはそれぞれ異なる理由があるのだよというミュージシャンを弁護(?)する本。

~ もくじ ~

はじめに
第一章 TERUの場合
第二章 布袋寅泰の場合
第三章 桜井和寿の場合
第四章 小室哲哉の場合
第五章 矢沢永吉の場合
第六章 特別対談 香山リカ×細田昌志「本当に男が悪いのか?」
おわりに

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3807日)、、、
読んだ本   860冊 (1日平均0.23冊)
読んだページ 206985ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
それぞれのミュージシャンに直接話を聞いているわけではなく、憶測でものを言っているにすぎない本でした。
なんだかんだ言っても、矢沢永吉さん以外は結局のところ、ビッグになった俺にふさわしい女と一緒になるという男のエゴでしかない気がします。
矢沢永吉さんはやっぱりすごい男だね。
しーゆー。
 

眠れないほどおもしろい「日本の仏さま」

なぜ、日本の仏教はこれほどまでに多くの宗派に分かれているのか、そもそも仏教における如来、菩薩、明王とはどんな存在なのか、そしてそこに毘沙門天とか弁財天とか、インドの神様が出てくるのはなぜなのか、そんな仏教の世界観、というよりも宇宙観はどんなものなのか、というようなことを学びます。
これがなかなか面白い。

~ もくじ ~

はじめに―仏教の「謎」と「不思議」にふれる本
序章 なぜ、日本人は「仏さま」に祈るのか
1章 「金色の仏」が海を越えてやってきた!
2章 密教―その驚くべき「法力」とは
3章 なぜ「念仏」と「禅」は人々の心をわしづかみにしたのか
4章 こんなにも多くの「仏」がいるのは、なぜか
5章 「奇跡の霊験」を示した異能の僧侶たち
6章 仏が予言する「人類の未来」

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3805日)、、、
読んだ本   859冊 (1日平均0.23冊)
読んだページ 206737ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
仏教というものを「お寺」と切り離して、別の視点で覗いてみる感じ?
でも、、、結局わかったようなわからないような・・・
しーゆー。
 

男と女の理不尽な愉しみ

男と女の理不尽な愉しみ (集英社新書)
林 真理子 壇蜜
集英社 (2017-11-17)
売り上げランキング: 326

林真理子さんと壇蜜さんの対談。
それぞれタイプは違うけど普通じゃない女性が、男と女について語り合う話は面白い。

~ もくじ ~

まえがき
第一章 結婚したい女たち
第二章 男と女の利害関係
第三章 女は「損」なのか?
第四章 人はなぜ不倫を許さないのか
第五章 女はどう育つのか
第六章 死ぬことと、生きること
あとがき

 
~ なるほどな一文 ~

壇 通信手段が発達うして、便利になりすぎたせいもあるような気がします。LINEは特に。もちろん個別にも連絡がとれますけど、すぐにみんなで情報が共有されてしまいますよね。ちょっとでも色恋方面で行動を起こすと、仲間うちに話が広まって恥ずかしい。
林 そうすると、失敗が許されなくなるよね。
壇 はい。もう、「秘め事」が成立しにくい時代なんです。(P31)

 
~ もう一つなるほどな一文 ~

壇 損得勘定ばかりしていると、時々味わう「ノーリターン」の魅力が見失われてしまうのでしょうね。(P107)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3802日)、、、
読んだ本   858冊 (1日平均0.23冊)
読んだページ 206508ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
壇蜜さんの魅力の源を垣間見た気がします。
しーゆー。
 

極楽カンパニー

極楽カンパニー (集英社文庫)
原 宏一
集英社
売り上げランキング: 165,291

1998年に最初に刊行された本なので、団塊世代よりもさらに上の世代の方が主人公の小説。
退職金もがっぽりもらったし年金も十分あるけど、毎日が退屈で仕方がない、そんな定年退職した方々が、仕事をしてお金を貰うのではなく、お金(会費)を払って会社ごっこをするという、なんともうらやましいお話。
そこに金儲けの種を見つけた悪意を持った人が入り込んで来て、とんでもない事態に。

なお、作者は団塊の世代よりは下の世代の方です。

~ もくじ ~

極楽カンパニー
解説 温水ゆかり

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3798日)、、、
読んだ本   857冊 (1日平均0.23冊)
読んだページ 206316ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
今では、この本で退屈だぁと嘆いている年ではまだ年金も貰えない・・・

「会社」というものが何なのかを考えさせてくれる本でもあります。
しーゆー。
 

お寺さん崩壊

お寺さん崩壊 (新潮新書)
水月昭道
新潮社
売り上げランキング: 151,834

「坊主丸儲け」は昔の話、今は貧困にあえいでいて崩壊寸前、そんなお寺の状況を、福岡の浄土真宗のお寺の住職の著者がわかりやすく説明してくれます。

~ もくじ ~

はじめに
第一章 寺が潰れた・・・・・
第二章 「坊主丸儲け」なんて大ウソ
第三章 寺とお坊さんの未来予想図
第四章 お坊さんのぶっちゃけ本音集
第五集 現代人に届け、仏教!
第六集 それでも私は仏道を歩む
おわりに

 
~ なるほどな一文 ~

だが、葬式仏教と揶揄されるような体たらくのお寺を眺めるとき、私は歯嚙みしながらもつい「それも仕方ないのやもしれん」と思ってしまわないでもない。だって、”自己責任”だものね――。(P70)

 
~ もう一つなるほどな一文 ~

少し前まで「自分探し」なんてのが流行ったりしていたが、本当に自分というものを知りたかったら自分無くしの果てに最後に浮かび上がるものを見据えるべきなのだろう。(P156)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3795日)、、、
読んだ本   856冊 (1日平均0.23冊)
読んだページ 206071ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
しかし、中小企業の経営者さんたちが聞いたら、そんな、な~んの努力もしないで、ただただ檀家さんが減って、お布施の金額も安くなって、お寺だけでは食っていけなくなったなんて言っているけど、そんなの潰れて当たり前だろうと、怒るにちがいありません。

人々に「安らぎ」を与えると言う仏教本来の役割を忘れて、ただ葬儀や法事の際に長々と意味のわからないお経を唱えるだけで人々にはむしろ苦痛を与えるだけで、あるいは戒名だとかいうこれまたわけのわからない名前をつけるだけで、ガッポガッポとお金が舞い込んできた上に、税金の面でも優遇されている状況に胡坐をかいてきたツケがいま訪れているということでしょう。そんな仏教はもういらないと離れていく人がさらに増えていきそうです。
江戸時代に作られた寺請制度(檀家制度)が日本仏教をダメにしたのかもしれません。
しーゆー。
 

2017年11月の読書のまとめ

残念ながら2017年11月は目標の2000ページに届かず。
あと1冊って感じかな。

11月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:1790
ナイス数:0

放送作家という生き方 (イースト新書Q)放送作家という生き方 (イースト新書Q)
読了日:11月28日 著者:村上卓史
「暴走する」世界の正体 最強論客が読み解く戦争・暴力・革命 (SB新書)「暴走する」世界の正体 最強論客が読み解く戦争・暴力・革命 (SB新書)
読了日:11月24日 著者:宮崎 学,佐藤 優
「脱」戦後のすすめ (中公新書ラクレ)「脱」戦後のすすめ (中公新書ラクレ)
読了日:11月21日 著者:佐伯 啓思
ひとまず、信じない - 情報氾濫時代の生き方 (中公新書ラクレ)ひとまず、信じない – 情報氾濫時代の生き方 (中公新書ラクレ)
読了日:11月17日 著者:押井 守
「ヒットソング」の作りかた 大滝詠一と日本ポップスの開拓者たち (NHK出版新書)「ヒットソング」の作りかた 大滝詠一と日本ポップスの開拓者たち (NHK出版新書)
読了日:11月15日 著者:牧村 憲一
カレーライスと日本人 (講談社学術文庫)カレーライスと日本人 (講談社学術文庫)
読了日:11月13日 著者:森枝 卓士
愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか (講談社現代新書)愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか (講談社現代新書)
読了日:11月06日 著者:堀井 憲一郎
他人をバカにしたがる男たち (日経プレミアシリーズ)他人をバカにしたがる男たち (日経プレミアシリーズ)
読了日:11月01日 著者:河合 薫

読書メーター

 
 
~ ここ2年間の読書量の推移 ~



 
 
はいはい、わかっておりますよ、大事なことは何ページ読んだかとか何冊読んだかではなくって、何を読んだかってことは・・・
しーゆー。
 

放送作家という生き方

放送作家という生き方 (イースト新書Q)
村上卓史
イースト・プレス (2017-11-10)
売り上げランキング: 4,633

放送作家という人たちがどんな仕事をしているのかがよくわかります。

スポーツ中継にも放送作家?
筋書きなんてないんじゃないの?
と思ったら、筋書きがないだけに結果や状況に応じてテロップなどの内容を考えないと行けないという難しいお仕事。

~ もくじ ~

はじめに
第1章 放送作家とは何か
第2章 放送作家という生き方
第3章 放送作家になるには
おわりに

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3792日)、、、
読んだ本   855冊 (1日平均0.23冊)
読んだページ 205847ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
テレビなんてこれから衰退していくんじゃない?
いえいえ、地上波テレビだけが彼らの仕事場じゃない。
BS、CS、ケーブルテレビ、それにネットテレビ、彼らの仕事場は広がっている。
しーゆー。
 

「暴走する」世界の正体

「暴走する」世界の正体 最強論客が読み解く戦争・暴力・革命 (SB新書)
宮崎 学 佐藤 優
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 22,672

先日読んだ本の著者とは180度思想が異なる方々の対談。
これまたかなり偏っているので注意が必要ですが、こうしていろいろ読むと面白い。

~ もくじ ~

はじめに 佐藤 優
第1章 新帝国主義という自覚のない現代日本 -冷戦崩壊後の弱肉強食の世界を振り返る
第2章 平和な気世界での革命の可能性 -老革命家の死で振り返る宗教と革命と犯罪
第3章 「思いつき」で世界を破壊するトランプ -予測不能な世界をもたらしたアメリカ
第4章 北朝鮮崩壊と戦争の可能性を読み解く -北朝鮮に関心を集中させるアメリカの行方
第5章 日本人が皮膚感覚としてわからない沖縄問題 -沖縄の革命の可能性から読み解く日本の行く末
おわりに 宮崎 学

 
~ なるほどな一文 ~

国策捜査は『時代のけじめ』をつけるために必要なんです。時代を転換するために、何か象徴的な事件を作り出して、それを断罪するのです(P187)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3788日)、、、
読んだ本   854冊 (1日平均0.23冊)
読んだページ 205655ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
最初に書いたように先日読んだ本の著者とは真逆の思想の持ち主ですが、一部で同じようなことを言っていたりするのは中々面白い。
日本には右も左もないんだと言うことがよくわかります。

ところで、この方たちは革命を起こしたいようですが、それはどんな革命なのかが今一つわからない。
しーゆー。
 

「脱」戦後のすすめ

「脱」戦後のすすめ (中公新書ラクレ)
佐伯 啓思
中央公論新社
売り上げランキング: 20,050

民主主義の本質をするどく突いています。
民主主義を推し進めていくと政治が衰退する。
民主党政権がなぜダメダメだったのかもよくわかります。
中々面白い。
ただし、かなり思想的に偏っているので注意が必要です。

~ もくじ ~

まえがき
第Ⅰ章 「進歩」の崩壊
第Ⅱ章 ニヒリズムは超えられるか
第Ⅲ章 民主主義はどこへ行く
第Ⅳ章 日本の悲劇

 
~ なるほどな一文 ~

われわれはわれわれの欲望が生み出したものにがんじがらめにされ、自由がもたらす煉獄と科学技術が生み出す牢獄に監禁されている。われわれは欲望の主体であることによって、自らの欲望に従属させられているのだ。(P70)

 
~ もう一つなるほどな一文 ~

投資家は、なんでもよいから、将来の利益を稼げそうな新たな技術や産業を必要としている。だめだとなればさっさと手を引くだけのことだ。(P111)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3785日)、、、
読んだ本   853冊 (1日平均0.23冊)
読んだページ 205463ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
著者は技術の進歩に対してちょっと悲観的すぎる気がします。
エンジニアのはしくれとしては、技術の進歩が未来を明るくすると信じたい。
しーゆー。
 

ひとまず、信じない

ひとまず、信じない - 情報氾濫時代の生き方 (中公新書ラクレ)
押井 守
中央公論新社
売り上げランキング: 4,545

映画監督の押井守さんによる幸福とは、仕事とは、ネットとは、政治とは、人間とは、映画とは。
中々面白い思想の持ち主。
共感できる点が多い。
限りある人生、生きると言うことは「優先順位」をつけること!

~ もくじ ~

序論 虚構の中に真実を宿らせる
第1章 幸福論 -幻想は人を不幸にする
第2章 仕事論 -説得する努力を怠ってはいけない
第3章 ニセモノ論 -つまり、初めからフェイクなのだ
第4章 政治論 -覚悟を決めない政治家たち
第5章 人間論 -人間以上に面白いものがあるはずがない
第6章 映画論 -「良い夢を見た」でもいいじゃないか
あとがき -僕らには言葉が必要だ

 
~ なるほどな一文 ~

愛は、そこに愛があると信じている間にだけ存在する陽炎のようなもので、愛という言葉で何かを語ることはできない。(P31)

 
~ もう一つなるほどな一文 ~

年々生きづらいというか、自己実現しづらい世の中になっているように思う。それは政権与党がどうとか、特定の政治家が悪いとかという話ではなくて、ひょっとしたら僕ら自身が寄ってたかってそういう世の中にしてしまったのでは、と思うことがある。(P205)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3781日)、、、
読んだ本   852冊 (1日平均0.23冊)
読んだページ 205233ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
おおきく見える月を見上げて、スマホのカメラで写真を撮ったら、月は目で見るよりもずっと小さかったり、草の中で賑やかに鳴く虫の音を録音したつもりが、家に戻って聞いてみたら、遠くの車の音や人の足音ばかりが大きく聞こえて、虫の鳴き声がほとんど聞こえなかったりしたことを思い出します。
人の目や耳は、自分が見たいもの、聞きたいものを選んで見たり聞いたりしているので、あなたの見ている世界と私が見ている世界は同じではないのです。隣にたって空を見上げていても、あなたの見る月と隣の人が見る月は大きさが違うかもしれない。
何がフェイクで何が真実なのかもまた、あなたと私とでは違うのかもしれない。
僕たちはそんな世界に生きているんです。
しーゆー。