渋谷音楽図鑑

渋谷音楽図鑑
渋谷音楽図鑑

posted with amazlet at 17.08.15
牧村 憲一 藤井 丈司 柴 那典
太田出版
売り上げランキング: 12,799

はっぴいえんど?
シュガー・ベイブ?
荒井由美?
竹内まりや?
私が好きだった音楽が次々と出てきます。

また、私は上京してからずっと東急沿線に住んでいます。
だから渋谷はとってもなじみがあり、そして好きな街です。

そんな音楽と渋谷の本。

もっとも私自身はリアルタイムにはっぴいえんどやシュガー・ベイブを聴いたわけではなく、大滝詠一や山下達郎を聴いて、これはすばらしいと、彼らの音楽をさかのぼって行ってはっぴいえんどやシュガー・ベイブにたどり着きました。
なのでこの本に書かれているような日本のポップスの歴史には実は疎かったりします(^^;
 
 
~ もくじ ~

まえがき
第一章 公園通り
第二章 道玄坂
第三章 宮益坂
第四章 原宿
第五章 渋谷系へ
第六章 楽曲解析
第七章 二一世紀
あとがき
参考文献

 
~ なるほどな一文 ~

いつの頃からか、「渋谷系」を語ってほしいと言われ始めました。それは僕にとって肯定と否定の相半ばすることでありました。誰が言い出したのか、いつから使われ始めたのかということすら、今もってはっきりしないままです。また作り手側が率先して、自らを「系」とか「派」とかに閉じ込めるようなことはするはずもないことでした。(P3)

 
~ もう一つなるほどな一文 ~

レコード会社も一度ヒットを出すと二匹目のドジョウを狙いたがるものです。新しいことに挑戦するより、手堅く売れるものを作らせるようになっていくのです。僕もそうした状況に直面していました。この頃に来る依頼は「第二の○○を作ってくれ」のような過去の業績をなぞるようなものが多くなってきていた。そんなことをやっても新鮮味がないし、やっていても面白くないから徐々にすり減っていく。
いつの時代も、ブームという現象にはそういった側面がある。それが当事者を疲弊させるわけです。(P145)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3687日)、、、
読んだ本   824冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 198176ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
音楽に関する本を読んでしみじみと思うこと、それは、、、
やっぱり音楽は読むものではなく聴くもの。
そして、頭で聴くものでも耳で聴くものでもなく、
心で聴くもの。
しーゆー。
 

ウニはすごい バッタもすごい

ウニはすごい バッタもすごい - デザインの生物学 (中公新書)
本川 達雄
中央公論新社
売り上げランキング: 2,019

最近、昆虫のスゴさが話題になっていますが、この本は昆虫だけでなく、サンゴにウニやヒトデ、貝やナマコ、ホヤ、それに両生類や爬虫類、哺乳類まで、それぞれの身体の構造の秘密を探っていきます。
それぞれの生き物は、その環境や身体の大きさ、そしてその歴史によって、その環境でもっとも最適な身体へと進化してきていることがわかります。
バッタの構造がスゴくてとても効率的だとしても、それはあの大きさ、あの環境に適した身体であって、人がバッタと同じ構造の身体を持ったとしても、快適に生きることはできないということがわかります。

~ もくじ ~

はじめに
第1章 サンゴ礁と共生の世界――刺胞動物門
第2章 昆虫大成功の秘密――節足動物門
第3章 貝はなぜラセンなのか――軟体動物門
第4章 ヒトデはなぜ星型か――棘皮動物門Ⅰ
第5章 ナマコ天国――棘皮動物門Ⅱ
第6章 ホヤと群体生活――背索動物門
第7章 四肢動物と陸上の生活――脊椎動物亜門
おわりに
巻末楽譜

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3687日)、、、
読んだ本   823冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 197894ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
この本は身体の構造に関する内容だけで、昆虫などの社会生活に関する内容はありません。
昆虫のスゴさには社会生活も含まれると思うので、もっとそのあたりのことも書かれた本も読んでみたいと思います。
しーゆー。
 

朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる

朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる (Business Life)
馬渕 知子
クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2017-07-18)
売り上げランキング: 2,120

朝のコーヒー、夜のビール?
おとうさんの毎日そのものではないですか!
と言っても、飲み方を間違っているらしい(^^;

~ もくじ ~

はじめに
序章  コーヒー&ビール最強説
第1章 パフォーマンスを下げるコーヒー&ビールのイケてない飲み方
第2章 コーヒーでハイパフォーマーになる
第3章 太らないビール、酔わないビール
第4章 パフォーマンスを底上げする水分補給のルール
おわりに
巻末付録 コーヒーとビールのトリビア集

 
~ なるほどな一文 ~

人間の心身にとって最もよくない因子とも言える「ストレス」。日常生活を邪魔し、心を痛めるばかりか、病気の原因にすらなってしまいます。

それなのに、ストレスが体によくないと重々に理解しながらも、健康を得るためにストレスを生みだしていたら、本末転倒もいいところです。(P203)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3678日)、、、
読んだ本   822冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 197573ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
今日も結局、イケてない飲み方のおとうさんです、、、
しーゆー。
 

アマゾンと物流大戦争

アマゾンと物流大戦争 (NHK出版新書)
角井 亮一
NHK出版
売り上げランキング: 19,156

アマゾンは成長に従って少しづつ物流(ロジステックス)に投資を行い、拡大・効率化を進めることでさらなる成長を遂げています。
一方で物流戦略を誤り、消えていったサービスもあります。
そんなアマゾンが今後さらに自身の有利さを拡大すべく、ラスト1マイルも自前での構築を進めています。

世界の、そして日本のネット通販の話をしていますが、この本が出たのは2016年9月で、その後昨年から今年にかけて話題になったヤマト運輸の忙しすぎて困っている状況は、触れられていません。
本の帯に「アマゾンの大躍進にヤマトの悲鳴」と書いてあったので、このあたりのことが記載されているのかと期待して買ったので、個人的にはかなり残念。

日本では、ラスト1マイルはヤマトなどの宅配業者に任されてきました。
しかし、ヤマトは過酷な状況を打破すべくアマゾンの翌日配達の取り扱いを受けるのをやめました。
そのためアマゾンは各地域の中小物流会社などを使ったのですが、その結果、一部の地域では、有料料金を払ってるにもかかわらず、指定日に者が届かないなどの問題が発生してしまいました。
すごかったのはアマゾンではなく、ヤマトだったということが明確になった問題でした。

個人的には、ヤマトの事前に配達日などの通知を受けて、スマホから配達時間の変更などが簡単に行えるきめ細やかなサービスはとっても便利で好感触です。
今後もがんばってほしいと思いますし、そのためにヤマトの再配達が有料になってもしかたないと思っています。
なるべく再配達にならないようなサービスを取り入れているのがヤマトだと思うからです。

近い将来には、アマゾンのドローンがベランダに荷物を置いて帰っていくなどということになるのかもしれません。
それはそれで楽しみです。
 
~ もくじ ~

序 章 アマゾンが変える世界――経済の地殻変動が始まった
第一章 物流のターニングポイント――ネット通販と宅配便の異変
第二章 巨人アマゾンの正体――ウォルマートvsアマゾンの仁義なき戦い
第三章 物流大戦争の幕開け――アマゾンと競い合うための3つの戦略
あとがき
写真出展一覧

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3676日)、、、
読んだ本   821冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 197365ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
物流を制する者は世界を制す?
今後の世界に期待大!
しーゆー。
 

銀行はこれからどうなるのか

銀行はこれからどうなるのか
泉田 良輔
クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2017-03-27)
売り上げランキング: 20,654

銀行は今後、どうなっていくのかを現在の状況をもとに考える本。
今後のことは、グローバル化がどんどこ進むことが前提になっているので、実際にこの本に書かれているような方向に向かうのかどうかはよくわかりませんが、銀行の「今」についてはとってもよくわかります。

~ もくじ ~

はじめに
第1章 私たちと銀行の関係はどう変わるのか
第2章 銀行のいまを知る
第3章 銀行のこれからを考える
第4章 世界の銀行はすでに動き始めている
第5章 金融にシリコンバレーがやってくる -誰がどう攻めてくるのか
第6章 日本の銀行が向かう先にあるもの
おわりに

 
~なるほどな一文~

ただ、テクノロジーがもたらすものは、ときとして残酷なことが多い。テクノロジーをうまく使いこなせない企業や産業は、場合によっては存亡の危機に立たされる。(P250)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3673日)、、、
読んだ本   820冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 197141ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
銀行がどうのこうのと言うよりは、「お金」の概念が変わっていくような気がするおとうさんです。
しーゆー。
 

2017年7月の読書のまとめ

安定の1600ページ台の読書量。。。
 
7月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:1661
ナイス数:0

検索禁止 (新潮新書)検索禁止 (新潮新書)
読了日:07月27日 著者:長江 俊和
チョコレートはなぜ美味しいのか (集英社新書)チョコレートはなぜ美味しいのか (集英社新書)
読了日:07月24日 著者:上野 聡
〈弱いロボット〉の思考 わたし・身体・コミュニケーション (講談社現代新書)〈弱いロボット〉の思考 わたし・身体・コミュニケーション (講談社現代新書)
読了日:07月22日 著者:岡田 美智男
悪の正体 修羅場からのサバイバル護身論 (朝日新書)悪の正体 修羅場からのサバイバル護身論 (朝日新書)
読了日:07月17日 著者:佐藤 優
アドラーをじっくり読む (中公新書ラクレ)アドラーをじっくり読む (中公新書ラクレ)
読了日:07月11日 著者:岸見 一郎
グローバリズム その先の悲劇に備えよ (集英社新書)グローバリズム その先の悲劇に備えよ (集英社新書)
読了日:07月07日 著者:中野 剛志,柴山 桂太
国民のしつけ方 (インターナショナル新書)国民のしつけ方 (インターナショナル新書)
読了日:07月04日 著者:斎藤 貴男

読書メーター

 
 
ここ2年間の読書量の推移


 
 
大切なのはどれだけ読んだかではなく、何を読んだかなのだ!
などと言ってみても、大した本は読んでないじゃないかと突っ込まれるだけだってことはよーくわかっております。
しーゆー。
 

検索禁止

検索禁止 (新潮新書)
検索禁止 (新潮新書)

posted with amazlet at 17.07.27
長江 俊和
新潮社
売り上げランキング: 49,020

いわゆる「ググるな危険!」というヤツです。
ホラーや怪奇ものの類も、実は実際に起きたおぞましい事件をオブラードに包んだものだったりします。
それにしても・・・
((((;゚Д゚))
 
~ もくじ ~

はじめに
第一章 検索禁止 -ネット世界のタブー―
第二章 禁忌と物語 -フィクションの中に潜むリアル―
第三章 禁忌と物語・日本編 -フィクションの中に潜むリアル―
第四章 禁じられたリアル -『放送禁止』から『出版禁止』へ―
第五章 封印された事象 -禁忌となった風習、事件、嘘―
あとがき禁止
主要参考文献

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3668日)、、、
読んだ本   819冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 196886ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
『進撃の巨人』の元ネタ(?)の話が一番衝撃的だったかも。
怖い話ばかりだけど、映画でも小説でもこういう話がやっぱりはうけちゃうんだよね。。。
しーゆー。
 

チョコレートはなぜ美味しいのか

チョコレートはなぜ美味しいのか (集英社新書)
上野 聡
集英社 (2016-12-16)
売り上げランキング: 98,746

チョコレートの美味しさを化学的に分析。
ここでいう美味しさは、味というよりは、食感。
パキッと割れる固さなのに、口の中ではとろりととける、その秘密を化学的に探ります。
科学的というより化学的、専門用語が次々と出てきてちょっ~と難しい。
そして実はまだまだ解明できていない分野なのです。

チョコレートを一度熱して溶かし、そして型に入れて冷やす、ということをやっている女性には悲報。
そんなことを行うとチョコレートの食感は失われてしまっているのです。

~ もくじ ~

序 章 食品物理学とは何か
第一章 チョコレートは「食べる結晶」
第二章 「美味しいチョコレート」の作り方
第三章 マヨネーズの分離問題に挑む
第四章 マーガリンの「粗大結晶」問題
第五章 油脂研究の今後の課題
あとがき
参考文献

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3665日)、、、
読んだ本   818冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 196662ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
ちぇけら ちょっこれーと ちょっこれーと ちょちょちょいいかな♪
えっ?
その歌は関係ない?
しーゆー。
 

〈弱いロボット〉の思考

これは面白い。
ここでいう「弱いロボット」とは、力が弱いということではありません。
完全ではなく、人の手助けを受けなければその目的を遂行できないようなロボットです。
お掃除ロボットの「ルンバ」もその一つ。家の中をせっせと動き回ってお掃除してくれるルンバですが、ケーブルにからまって動けなくなったり、段差で動けなくなったりして、そんな時、人の手助けが必要。またルンバを使っている人がルンバが動きやすいようにあらかじめ部屋を片付けたりする。
この本に出てくる、ゴミを拾えないゴミ箱ロボットなんか、最高に愛らしくて楽しい。
 
~ もくじ ~

プロローグ
第1章 気ままなお掃除ロボット<ルンル>
     ゆきあたりばったりのなかから生まれてくるもの
第2章 ロボットと<環境>との出会い
     <フレーキー>と<ゲンギス>の振る舞いをめぐって
第3章 自らの視点から描いた自画像
     わたしたちの身体にまつわる<弱さ>の起源を探る
第4章 <ことば>を繰りだしてみる
     相手の目を気にしながらオドオドと話す<トーキング・アリー>
第5章 小さなドキドキを重ねながら
     <静歩行>から<動歩行>へ、そして<地面>から<他者>へ
第6章 <引き算>から生まれるもの
     <トーキング・アイ>と<む~>そして原初的コミュニケーション
第7章 <弱いロボット>の誕生
     子どもたちを味方にしてゴミを拾い集めてしまう<ゴミ箱ロボット>
第8章 <対峙しあう関係>から<並ぶ関係>へ
     一緒に並んで歩くだけのロボット<マコのて>
エピローグ
参考文献

 
~ なるほどな一文 ~

ただ「とにかく便利なモノを・・・・・」という工学的な呪縛のなかで、わたしたちはいつの間にか「ひとりでできるもん!」というような固体能力主義的な考え方に囚われていた。母親の胸のなかに抱かれたあかちゃんのように「ひとりでできないもん!」といいつつ、ここで一つの制約を外してみると、そこから見えてくる世界はまたちがったものとなるのではないか。(P187)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3663日)、、、
読んだ本   817冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 196454ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
ロボットに何を求めるのか、ロボットと人間の関係はどうあるべきか、この本に楽しい未来が描かれていると思います。
しーゆー。
 

悪の正体

悪の正体 修羅場からのサバイバル護身論 (朝日新書)
佐藤 優
朝日新聞出版
売り上げランキング: 4,266

佐藤優さんが現在の世の中にはびこる悪をめった切り、そんな本かと思いましたが、
現在の悪をキリスト教的に解釈、そんな本でした。
 
~ もくじ ~

まえがき
第1章 悪は人間によって行われる
第2章 カネと欲望から生まれる悪のシステム
第3章 誰の中にも悪がある
第4章 不条理さに何を見るか
第5章 言葉だけで審理を操る
第6章 直観と洞察力を働かせる
第7章 角度を変えて世界を見る
付録 一からわかる「新約聖書」の読み方と忙しい人のためのワンポイントレッスン
あとがき

 
~ なるほどな一文 ~

ブルブリスから私が学んだのは、どのような状況であっても自分が犯した悪を、善であると強弁してはならないということだ。悪の現実を、等身大で見つめ、その責任を自覚することが重要なのだ。(P9)

 
~ もう一つなるほどな一文 ~

悪について日々思考をめぐらせていると
専門家や言論人の発言と行動の裏にある
「真のねらい」が見えてくる。
正義を語る人には気をつけた方がいい。(P225)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3658日)、、、
読んだ本   816冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 196190ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
テロ組織「イスラム国(IS)」を徹底的に攻撃して殲滅すべきという考え方は悪?
これまで佐藤優さんが書いていたキリスト教の話から考えると、それをやっていいのは「神」だけなので。
世界征服をたくらむショッカーを仮面ライダーが倒すのは悪?
それをやっていいのは「神」だけなので。
うーん、よくわからない。
キリスト教徒のアメリカ人はなぜ世界のあちらこちらで戦争ばかりやっているのだ?
うーん、よくわからない。
しーゆー。