東京日記

東京日記1+2 卵一個ぶんのお祝い。/ほかに踊りを知らない。 (集英社文庫)
川上 弘美
集英社 (2018-06-21)
売り上げランキング: 88,005

作家の川上 弘美さんの日記風エッセイ、いやエッセイ風日記?
日常の中の何気ないささいな出来事が、こんなに素晴らしい文章で表現されるなんて、すごいなぁ・・・
そして読むとほっこりした気分になります。
すごいなぁ・・・

本の中のそこかしこに小さな小さな幸せがちりばめられています。
日常の中の小さな小さな幸せを感じとることができる人がホントに幸せな人生を歩めるのかもしれないなぁ。

ありがとうございます。
思わず感謝したくなるそんな本です。
 
~ もくじ ~

東京日記 卵一個ぶんのお祝い。
単行本あとがき
東京日記2 ほかに踊りを知らない。
単行本あとがき
解説  沼田真佑
文庫版あとがき

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(4025日)、、、
読んだ本   906冊 (1日平均0.23冊)
読んだページ 218387ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
さて、、、
とっても素晴らしい本だったのに、読了後の気分が今一つすぐれないのは、あの「解説」のせいなのです。
とにかく読みずらい。
テンポよくポンポンポーンと心の中に飛び込んできて、そして幸せな気分にしてくれた川上さんの文章を読んだ後だから、なおさらのことなのかもしれませんが、あの「解説」のベトベトと身体の表面にまとわりつくような、気持ち悪い文章。
あぁ、この人には読む人のことは見えておらず、自分の文章に酔っているんだな。
俺の文章はなんて面白いんだ、ほれほれ読んでみな、どうだ、面白いだろ、面白いに決まっているんだよ、そんな声が聞こえてきたような気がして、気分が悪くなっちゃったんだな、きっと。

川上さんの短い「文庫版あとがき」でも、そんな私の嫌な気分を払拭することができないくらい、あの「解説」は強烈でした。。。

まぁ、私自身が大した文章を書けないくせに、人の文章のことをとやかく言えた身分じゃございませんが、、、
しーゆー。
 

人に話したくなる世界史

人に話したくなる世界史 (文春新書)
玉木 俊明
文藝春秋
売り上げランキング: 16,731

視点を変えてみると世界史も教科書に載っていた内容とは異なる”真実”が見えてくる。
主に商業的な観点から見た世界史。

~ もくじ ~

はじめに
1 アレクサンドロス大王はなぜインダス川を越えられなかったのか
2 ヴァイキングはイスラーム商人と商売していた
3 大航海時代のはじまりはアフリカの黄金目当て?
4 織田信長「天下取り」を支えたアジア交易圏
5 グーテンブルグのもうひとつの「革命」
6 本当はしぶとかったポルトガルとスペイン
7 大数学者フェルマーが保険の基礎をつくった
8 大英帝国は借金上手?
9 綿が語る「アジア vs. ヨーロッパ」の大逆転
10 「中立」がアメリカを大国にした
11 蒸気船の世界史 ―マルコはなぜブエノスアイレスへ?
12 手数料を制する者、世界を制す
13 中国がヘゲモニー国家になれない理由

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(4020日)、、、
読んだ本   905冊 (1日平均0.23冊)
読んだページ 218068ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
中々面白い内容でなるほどと思えることも多い。
ただ、「ねぇねぇ、これ知ってる?」と友人に話したくなるほどの内容かと言えば、ちょっと違うかも。
しーゆー。
 

世界はジョークで出来ている

世界はジョークで出来ている (文春新書)
早坂 隆
文藝春秋
売り上げランキング: 18,898

世界で語られているジョーク集。
 
~ もくじ ~

はじめに
第1章 中国
第2章 アメリカ
第3章 ロシア
第4章 北朝鮮
第5章 韓国
第6章 中東
最終章 日本
おわりに

 
~ なるほどな一文 ~

「退屈」「つまらない」といった感情は、知識や教養の不足から、そこにあるはずの「面白さ」に気付けていないだけなのかもしれない。(P3)

 
~ もう一つなるほどな一文 ~

蓋し、汚い言葉で罵りあうのではなく、隣国への不満をジョークという笑いに変えて表現するのは、大人の良識とも言えよう。「笑い」は「ガス抜き」としても最適である。(P155)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(4016日)、、、
読んだ本   904冊 (1日平均0.23冊)
読んだページ 217840ページ(1日平均54ページ)
1日平均冊数が0.01冊増えた!

atasinti – 読書メーター
 
 
なかには笑ってすませないものもあると感じてしまうのは、私がジョークがわからない日本人だから?
しーゆー。
 

朝日ぎらい

朝日ぎらい よりよい世界のためのリベラル進化論 (朝日新書)
橘 玲
朝日新聞出版
売り上げランキング: 1,218

「私はこれこれこういう理由で朝日が嫌いです」という本ではありません。
朝日ぎらいな人たちとはどういう人たちなのかを探っていく本です。
 
~ もくじ ~

まえがき
PART1 「リベラル」と「保守」が逆転する不思議の国
PART2 アイデンティティという病
PART3 リバタニアとドメスティックス
PART4 「リベラル」と「保守」の進化論
エピローグ サイバー空間のイデオロギー戦争
あとがき

 
~ なるほどな一文 ~

普遍的な人権を至上の価値とするリベラルこそが、先頭に立って日本社会の前近代的「差別」とたたかわなくてはならなかった。なぜそれができないかというと、大企業の労働組合もマスコミも、正社員の既得権にしがみつく中高年の男性にしはいされているからだろう。
ここに、日本の「リベラル」の欺瞞がある。彼らは差別に反対しながら、自らが「差別」する側にいるのだ。(P40)

 
~ もう一つなるほどな一文 ~

「愛は世界を救う」のではなく、「愛」を強調すると世界はより分断される。(P95)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(4014日)、、、
読んだ本   903冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 217612ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
10代、20代の男性の安倍政権支持率が高いことから「若者の右傾化」などと一部マスコミなどで取り上げられたりしていますが、これは大きな認識違いをしています。
別の調査で、どの政党が「リベラル」でどの政党が「保守」かという調査の結果、50代以上の人にとっては、自民党は「保守」で、旧民主党や共産党が「リベラル」な党なのですが、10代や20代の若者にとっては、自民党が「リベラル」で、旧民主党や共産党が「保守」なのです。なぜなら、若者たちにとって、自民党は高齢者に独占されている既得権益をこわすような改革を次々と実施しようとする革新的な党であるのに対して、旧民主党も共産党も、そうした改革に反対し、現行の制度を維持させようとする保守的な党だというわけです。50代以上の人は自分たちが20代だったころのイメージに凝り固まってしまっているということがわかります。
今や、右か左かとか保守化リベラルかなどと単純化できない状況になっていることをきちんと認識する必要があるのです。
しーゆー。
 

教科書には載っていない! 明治の日本

教科書には載っていない! 明治の日本
熊谷 充晃
彩図社 (2018-06-13)
売り上げランキング: 500,675

歴史の教科書には必ずしもその時代の本当の姿は書かれていない。
明治時代とはどういう時代だったのか。

~ もくじ ~

はじめに
第一章 明治日本の意外な姿
第二章 命運をかけた日清・日露の大戦
第三章 新しい国造りの裏で
第四章 あの明治人の意外な素顔
おわりに

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(4010日)、、、
読んだ本   902冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 217364ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
帯に「文明開化の裏で日本はこんなことになっていた」と書いてあったので、もっともっと明治時代の庶民の生活や彼らが何を考えていたかなどの話があるのかと思っていたけど、そういった話はちょこっとしかなく、結局ほとんどが明治の偉人や有名人の裏話で、どこかで聞いたり読んだりした話が多くてちょっと残念。
しーゆー。
 
 

2018年6月の読書のまとめ

ひさーしぶりに2000ページ越え。
暑いのに、そしてワールドカップの影響で眠たい時期だったのに、よく読んだなぁ。
 
6月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:2134
ナイス数:0

ぽつん風俗に行ってきた!ぽつん風俗に行ってきた!
読了日:06月29日 著者:子門 仁
ゴッホのあしあと 日本に憧れ続けた画家の生涯 (幻冬舎新書)ゴッホのあしあと 日本に憧れ続けた画家の生涯 (幻冬舎新書)
読了日:06月27日 著者:原田 マハ
炎の牛肉教室! (講談社現代新書)炎の牛肉教室! (講談社現代新書)
読了日:06月25日 著者:山本 謙治
AV女優、のち (角川新書)AV女優、のち (角川新書)
読了日:06月20日 著者:安田 理央
紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男 (講談社+α文庫)紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男 (講談社+α文庫)
読了日:06月15日 著者:野崎 幸助
マスコミはなぜここまで反日なのか (宝島SUGOI文庫)マスコミはなぜここまで反日なのか (宝島SUGOI文庫)
読了日:06月12日 著者:ケント・ギルバート
終わった人 (講談社文庫)終わった人 (講談社文庫)
読了日:06月07日 著者:内館 牧子
PTA不要論 (新潮新書)PTA不要論 (新潮新書)
読了日:06月02日 著者:黒川 祥子

読書メーター

 
 
~ ここ2年間の読書量の推移 ~



 
 
どれだけ読んだかよりも何を読んだのかが大切だということは重々承知、、、
そして何を読んだかを誇れるような読書ではなかったことも重々承知、、、
しーゆー。
 

ぽつん風俗に行ってきた!

ぽつん風俗に行ってきた!
子門 仁
彩図社 (2018-06-13)
売り上げランキング: 63,049

風俗ライターの著者が訪ねた「ぽつん風俗」の中でもおそらくよい方だと思われる店20店のルポ。
風俗街にあるのではなく、住宅街や商店街の中などにポツンとある風俗店のルポです。
店名は伏せられているので、広告費を貰ってブログで店の宣伝を行っているわけではないようです。
 
~ もくじ ~

はじめに
第一章 基本のぽつん風俗
第二章 艶街のぽつん風俗
第三章 郊外型ぽつん風俗
第四章 難航不落のぽつん風俗
第五章 お出かけぽつん風俗
おわりに

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(4005日)、、、
読んだ本   901冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 217156ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
ぽつん風俗は素人が足を踏み入れるところではないということがよーくわかります。
しーゆー。
 

ゴッホのあしあと

ゴッホのあしあと 日本に憧れ続けた画家の生涯 (幻冬舎新書)
原田 マハ
幻冬舎 (2018-05-30)
売り上げランキング: 5,512

浮世絵の魅力に触れ日本に憧れたゴッホ。
ゴッホを題材にした小説「たゆたえども沈まず」の作者がゴッホが辿った地を廻りながら、その生涯をたどります。
 
~ もくじ ~

はじめに
ファン・ゴッホ関連地図
プロローグ 私とゴッホとの出会い
第一章 ゴッホの日本への愛、日本のゴッホへの愛
第二章 パリと林忠正
第三章 ゴッホの夢
第四章 小説『たゆたえども沈まず』について
第五章 ゴッホのあしあとを巡る旅

 
~ なるほどな一文 ~

小説も同じで、苦労して書き上げても読者がいなければ小説とは呼べない。読者に届けられなければ、独り事で終わってしまうのです。(P66)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(4003日)、、、
読んだ本   900冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 216932ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
ゴッホはけっして狂気の人ではなかった、ということがわかります。
小説「たゆたえども沈まず」も読んでみたい。

でも、文庫本が出るのを待とうかな、、、
しーゆー。
 
 

~ 追記 ~

おりしも、下記のような記事が出ていてびっくり。

ゴッホはいかに日本の芸術から影響を受けたのか? – GIGAZINE
 
 
この本に書いてあったことだ!
しーゆー。
 

炎の牛肉教室!

炎の牛肉教室! (講談社現代新書)
山本 謙治
講談社
売り上げランキング: 17,642

牛肉のことがとーーってもよくわかる本です。
テレビや雑誌などで、最高級A5の牛肉などと紹介されている肉が必ずしも美味しい肉とは限らない。
高い肉が美味しい肉ではない。
牛肉関係者の間では、黒毛和牛の場合はA3くらいが一番美味しいと言われているらしい。
それは日本の牛肉の格付けが、美味しさを示したものではないから。
格付け方法を見直してほしいものですが、既得権益を得ている人たちがそれを許さないんでしょうね。。。

~ もくじ ~

はじめに
第1章 牛肉の真実
第2章 美味しい牛肉の方程式
第3章 牛肉のおねだん――体験ルポ・僕は牛を飼ってみた
第4章 美味しい牛肉をめぐって~日本の「あかうし」篇
第5章 美味しい牛肉をめぐって~アネリカ・オーストラリア・フランス篇
第6章 ほんとうに美味しい牛肉を食べるために
巻末付録 美味しい牛肉を食べられる販売店・飲食店リスト
おわりに

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(4001日)、、、
読んだ本   899冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 2166775ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
個人的には霜降り肉より赤身の肉が好きなおとうさんです。
あぁ、美味しい赤身の牛肉をたらふく食べに行きたーい!
しーゆー。
 

AV女優、のち

AV女優、のち (角川新書)
AV女優、のち (角川新書)

posted with amazlet at 18.06.20
安田 理央
KADOKAWA (2018-06-09)
売り上げランキング: 3,181

2000年代にAV女優として活躍、引退している7人の元・AV女優さんに、当時のこと、そして今のことをインタビュー。

~ もくじ ~

episode01 みひろ
episode01 笠木忍
episode01 麻間ゆま
episode01 愛 奏(元・薫桜子)
episode01 長谷川瞳
episode01 泉麻那
episode01 真咲南朋
おわりに

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(3996日)、、、
読んだ本   898冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 216551ページ(1日平均54ページ)

atasinti – 読書メーター
 
 
この本に書かれているのはAV業界の中でも、もっとも明るいところのみ。
7人の女性はいずれも超人気女優。
また2000年代はAV業界が最も輝いていた時代かもしれません。
しかし、業界には闇の部分が多くあり、ここに出てきた女性たちの影で、悲惨な状況を強いられている女性が数多くいることを忘れてはいけません。
しーゆー。