さよならテレビ


さよならテレビ: ドキュメンタリーを撮るということ (976) (平凡社新書 976) | 阿武野 勝彦 | Amazon

『さよならテレビ』をはじめ、『人生フルーツ』『ヤクザと憲法』『ホームレス理事長』『神宮希林』など話題作を世に送り出してきたテレビ界の異才が「未来の表現者」へおくる体験的ドキュメンタリー論。

~ もくじ ~
プロローグ
第1章 テレビマンとは何者か
第2章 大事なのは、誰と仕事をするか
第3章 表現とタブー
第4章 放送は常に未完である
第5章 世の中には理解不能な現実がある
第6章 ドキュメンタリーを、誰が求めているのか
第7章 「ダメモト」が表現世界を開く──〈司法シリーズ〉のこと
第8章 「ドキュメンタリー・ドラマ」とは何か
第9章 あの時から、ドキュメンタリーは閉塞した世界だった
第10章 題材は探すのではなく、出会うもの
第11章 組織の中の職人は茨の道
第12章 「わかりやすさ」という病
第13章 樹木希林ふたたび
エピローグ


~ なるほどな一文 ~
異物を取り除き、均質化を求め続けてきた私たちの社会。戦後、ひたすら清潔さを追い求め、無臭化、無菌化に突き進んできた。誰もが違和感を持っていると思うのだが、キレイは否定できないし、脅威は取り除きたい。だから、この流れは簡単に止まらない。
一方、不祥事を起こしたり、批判されることを恐れ、「安心・安全」を仕事の上位概念に位置付けてしまったテレビ。自由に表現を繰り出す困難さが、日に日に進行している。(P93)


~ もう一つなるほどな一文 ~
理想より現実。過程より結果。内容より視聴率。これではもはや詐欺師に近いような情報商人に落ちていく。(P347)




これで、、、2007年07月13日以降(5127日)、、、
読んだ本   1114冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 271657ページ(1日平均52ページ)
atasinti – 読書メーター



テレビの現場にいる人によるテレビ内部の問題を取り上げた本かと思ったら、『さよならテレビ』というドキュメンタリー番組を始めとした筆者がこれまで携わってきた数々のドキュメンタリー番組の振り返り。自慢話のようにも聞こえる内容で、ちょっとがっかり。
エピローグに誰もが思っていることと同じことが書いてあるだけ・・・
でも、これはこれで面白い内容ではありました。
テレビ局の人がまるで自分たちが特権階級のような考え方をしてしまうのがなぜなのかも少しわかった気がします。
しかしテレビ黎明期の頃とはもう社会のありようもかわっているのです。
そのことに気が付かないテレビマンが多いのが一番の問題なのかなぁ・・・
しーゆー。

紙の月


紙の月 (ハルキ文庫) | 角田 光代 | Amazon

銀行で契約社員として働く41歳の主婦が約1億円を横領・・・

~ もくじ ~
プロローグ
第一章
第二章
第三章
第四章
第五章
第六章
解説 吉田大八




これで、、、2007年07月13日以降(5119日)、、、
読んだ本   1113冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 271305ページ(1日平均52ページ)
atasinti – 読書メーター



テレビドラマ化も映画化もされている小説だったのですね。
どちらも見ていません。
テレビドラマは原田知世さん、映画は宮沢りえさんが主人公を演じているとのことですが、どちらかといえば、原田知世さんの方がイメージに合う気がします。
この小説に出てくる女性たちの感覚は、私には一生わからないかもしれない・・・
しーゆー。

シン・エヴァンゲリオン論


シン・エヴァンゲリオン論 (河出新書) | 藤田直哉 | Amazon

テレビ版の放送開始から26年、ついに完結を迎えた大ヒット作品『エヴァンゲリオン』を詳細に読み解く。それは戦後日本の精神史・文化史であり、オタクの成熟の物語ともなるだろう。

~ もくじ ~
まえがきー『エヴァンゲリオン』という巨大な「インパクト」
Ⅰ 往相
  1『新世紀エヴァンゲリオン』
  2『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』
Ⅱ 儀式
  1『ラブ&ポップ』
  2『GAMERA1999』
  3『式日』
  4『キューティハニー』
Ⅲ 還相
  1『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
  2『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
  3『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
  4『シン・ゴジラ』
  5『シン・エヴァンゲリオン劇場版』
主要参考文献
あとがき


~ なるほどな一文 ~
結婚生活とは、異質な他者との共同生活である。筆者も共感する部分があるのだが、自分自身ではない存在と共同生活をするとは、その異質性を如何に許容し合うのかが肝である。自分自身の思い通りにすることは叶わないのである。理想の相手など、この世には存在しないのだ。(P163)




これで、、、2007年07月13日以降(5116日)、、、
読んだ本   1112冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 270946ページ(1日平均52ページ)
atasinti – 読書メーター



テレビシリーズなど旧作を見ていなかった私は、新劇場版だけ見てエヴァンゲリオンがわかった気になっていましたが、それは大きな間違いだったことがわかりました。
旧作と新劇場版はそれぞれの年代の出来事やそれに対する庵野秀明さんの思いが反映されていて、大きく異なったものだったんですね。
またオタクのみなさんとともにあった旧作は最後の最後にオタクのみなさんに対して、お前らそんなんじゃだめだと突きつけるような作品だったんですね。
でも、今からテレビシリーズから全部見直そうとは思わないかな・・・
しーゆー。

挑発する少女小説


挑発する少女小説 (河出新書) | 斎藤美奈子 | Amazon

大人になって読む翻訳少女小説は、子どもの頃には気づかなかった発見に満ちている。懐かしいあの名作はいま、何を教えてくれるのか?

~ もくじ ~
はじめに――少女小説って何ですか?
1 魔法使いと決別すること――バーネット『小公女』
2 男の子になりたいと思うこと――オルコット『若草物語』
3 資本主義社会で生きること――シュピーリ『ハイジ』
4 女の子らしさを肯定すること――モンゴメリ『赤毛のアン』
5 自分の部屋を持つこと――ウェブスター『あしながおじさん』
6 健康を取り戻すこと――バーネット『秘密の花園』
7 制約を乗りこえること――ワイルダー『大草原の小さな家』シリーズ
8 冒険に踏み出すこと――ケストナー『ふたりのロッテ』
9 常識を逸脱すること――リンドグレーン『長くつ下のピッピ』
おわりに――挑発する少女小説
主な参考文献




これで、、、2007年07月13日以降(5113日)、、、
読んだ本   1111冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 270722ページ(1日平均52ページ)

atasinti – 読書メーター



わたしは1冊も読んだことはありませんでした。
なので、ふーん、そんなお話だったんだ、という感じです。
だからと言って今から読んでみようとも思いません。
しーゆー。

古代史に隠された天皇と鬼の正体


古代史に隠された天皇と鬼の正体 (PHP文庫) | 関 裕二 | Amazon

日本人は、鬼が大好きだ。お伽話は鬼で溢れている。
鬼とはいったい何者なのか。
古代日本人にとって「鬼」とは「祟る神」であり、大自然そのものだった。
恵みももたらせば、災害も起こす。強力なパワーを持つ、目に見えない、恐ろしい存在は、すべて鬼だったのだ。
また、天つ神の末裔である天皇も同様に恐ろしい存在と見なされた。

~ もくじ ~
はじめに
第一章 弱い王と祟る神
第二章 「神と巫女」と天皇
第三章 藤原氏に「鬼」にされた人々
第四章 「鬼」の物語に潜む真相
おわりに
主要参考文献




これで、、、2007年07月13日以降(5106日)、、、
読んだ本   1110冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 270434ページ(1日平均52ページ)

atasinti – 読書メーター



面白い内容でした。
これも一説に過ぎないわけですが、だから古代史は面白い。
そして、前にも別の本を読んだときに書いたけど、この本の著者は本当に藤原氏がきらいらしい。
しーゆー。

東京の異界 渋谷円山町


東京の異界 渋谷円山町 (新潮文庫) | 本橋 信宏 | Amazon

芸者、風俗、東電OL事件……
色と欲の匂いに
誘われて――
路地と坂の迷宮を探訪するディープ・ルポ。

~ もくじ ~
プロローグ
第一章 花街の記憶
第二章 円山芸者
第三章 丘の上のホテル街
第四章 風俗の街として
第五章 十八年目の東電OL事件
第六章 死と再生の街
エピローグ
文庫版あとがき




これで、、、2007年07月13日以降(5099日)、、、
読んだ本   1109冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 270146ページ(1日平均52ページ)

atasinti – 読書メーター


渋谷円山町には、渋谷を散策していて何度か迷い込んだことがあるのでとても興味深く読みました。
残念ながら円山町で、むふふな体験はありませんが、、、
しーゆー。

おまじない


おまじない (ちくま文庫) | 西 加奈子 |Amazon

「大人になったら大人として上手いこと振る舞えるようになるし、
自分が”傷ついていない”というていで生きていける。
でももし傷ついている人がいるのであれば、
おこがましいですけど抱きしめるようなものを書きたいと思いました。」
西加奈子(単行本刊行時メッセージより)

~ もくじ ~
1 燃やす
2 いちご
3 孫係
4 あねご
5 オーロラ
6 マタニティ
7 ドブロブニク
8 ドラゴン・スープレックス
対談 どんなときでも、寄り添ってくれる言葉 長濱ねる×西加奈子


~ なるほどな一文 ~
悪態をつくのは限られた人にだけ、本当に信じられる人にだけです。インターネットに書き込むなんてもっての外、それは本当に卑怯なことです。(P84)


~ もう一つなるほどな一文 ~
弱い自分を認めることは怖いけど、そうしないと自分を好きになれないと思うので。(P239)




これで、、、2007年07月13日以降(5093日)、、、
読んだ本   1108冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 269826ページ(1日平均52ページ)

atasinti – 読書メーター



8人の女性の物語。
頑張りすぎている人にそんなに頑張らなくてもいいのよっとささやいてくれるようなやさしさに溢れた物語。
とくに「孫係」がグっとこころに来ました。
しーゆー。

生贄探し


生贄探し 暴走する脳 (講談社+α新書) | 中野 信子, ヤマザキ マリ | Amazon

パンデミックでは、コロナ禍で奮闘する医療者までも生贄探しの対象になりました。むき出しになった正義中毒に誰もが「他人の目が怖くて」自粛。巣ごもりで毒親に悩むケースも目立ちました。自他ともに生きにくさを増すこの時代、脳科学者の中野信子さんと、時代も国も越えた体験を描く漫画家・随筆家のヤマザキマリさんが鋭く分析。

~ もくじ ~
はじめに 中野信子
第1章 なぜ人は他人の目が怖いのか 中野信子
第2章 対談 「あなたのため」という正義──皇帝ネロとその毒親
第3章 対談 日本人の生贄探し──どんな人が標的になるのか
第4章 対談 生の美意識の力──正義中毒から離れて自由になる
第5章 想像してみてほしい ヤマザキマリ
おわりに ヤマザキマリ


~ なるほどな一文 ~
人間は、自身が正義を行っていると信じているときには、どこまでも残虐になれるものです。もし、そこに権威があれば、なおさらです。(P24)


~ もう一つなるほどな一文 ~
ヒトの社会は技術的進歩をいくら遂げても、メンタリティの面では遂行がなされていないというしかないでしょう。(P108)




これで、、、2007年07月13日以降(5091日)、、、
読んだ本   1107冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 269586ページ(1日平均52ページ)

atasinti – 読書メーター



この2人の対談は面白いです。
しーゆー。

くそじじいとくそばばあの日本史


くそじじいとくそばばあの日本史 (ポプラ新書) | 大塚ひかり | Amazon


貪欲に、したたかに、たくましく生きた老人たち。
古典から読み解く、パワフルな生き方の秘訣とは――?

~ もくじ ~

はじめに くそ爺婆はかっこいい!
1 正史に残る最高齢者は「くそじじい」だった
  …… 老人が社会のお荷物だった時代に580歳まで生き延びた超VIP
2 「ルポライターばばあ」が歴史を作る
  ……万葉の語り部婆と戦国の記録婆
3 爺婆は最高の「歴史の証人」だ
  ……お上の歴史は間違っちょる! と歴史書を編纂したじじいパワー
4 凄まじきは老人の権勢欲
  ……人はなぜ「晩節を汚す」のか? 成り上がりの豊臣秀吉から大貴族、僧侶まで
5 八十一で政界デビュー!! 百歳過ぎても政界に君臨
  ……前近代にも実在した超老人
6 一休さんはエロじじいだった
  ……若さを貪る爺婆、婚活詐欺ばばあ、押しかけ婚熟女も
7 平安・鎌倉時代のアンチエイジングばばあ
  ……実在した驚異の美魔女・美婆
8 戦国時代に「老人科」を作った老医師がいた
  ……ご長寿医師たちが教える長生きの秘訣
9 昔もいた「迷惑じじい」
  ……現代に通じるキレる老人たちの実態と子の苦労
10 西鶴の見たくそばばあたち
  ……男尊女卑の時代に明晰な頭脳や財力で「自分」を貫く
11 昔話のおじいさんとおばあさんは意外と「いい人」が少ない
  ……一寸法師を厄介者扱い、竹取の翁のセクハラ発言など
12 「鬼婆」の正体
  ……なぜ「鬼爺」ではなく「鬼婆」なのか
13 前近代の8050問題? 『浦島太郎』の真実
  ……長生きしてもいいことばかりではない 
14 昔の人は短命はウソ! ヤバい老人クリエーター




これで、、、2007年07月13日以降(5083日)、、、
読んだ本   1106冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 269378ページ(1日平均52ページ)
1日あたりの平均ページ数が1ページ減ってしまった・・・

atasinti – 読書メーター



昔は平均寿命が短かかったといういのは、乳幼児の死亡率が異常に高いからで、古代から長生きする人は長生きしており、そして今も昔も、そんなくそじじい・くそばばあが作っている国が、日本だということがわかります。
しーゆー。

横濱エトランゼ


横濱エトランゼ (講談社文庫) | 大崎 梢 |Amazon


横浜の”不思議”を横浜のタウン誌の編集室でアルバイトする女子高生が解き明かします。

~ もくじ ~

元町ロンリネス
山手ラビリンス
根岸メモリーズ
関内キング
馬車道セレナーデ


~ なるほどな一文 ~

横浜の十問はほぼすべて、開港を機に移り住んできた人たちだ。先祖代々、生まれ育った人はほとんどいない。つまりここは、よそ者が作り上げた街なんだよ。だから新しく入ってきた人に対して、これからもずっと開かれた街であってほしいと思う。(P294)




これで、、、2007年07月13日以降(5076日)、、、
読んだ本   1105冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 269145ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター




横浜の魅力は、長~い歴史があり一見さんお断りの街「京都」とは正反対の街だということだったんですね。
長年横浜に住んでいてもまだまだ行ったことがない場所、知らないことがいくつも。
よか本でした。
しーゆー。