持統天皇

持統天皇-壬申の乱の「真の勝者」 (中公新書)
瀧浪 貞子
中央公論新社
売り上げランキング: 4,188


大化の改新を起こした中大兄皇子(天智天皇)が父、壬申の乱を起こした大海人皇子(天武天皇)が夫の鸕野讚良(持統天皇)の一生。
自分の子、孫を天皇にするために、それまで兄から弟へと継承された皇位を直系の親から子へと継承するように変えた女帝。

~ もくじ ~

第一章 誕生(645年)―人生を方向づけた「大化改新」
第二章 幼少期(649年~)―衝撃を受けた「蘇我倉山田石川麻呂の自害」
第三章 結婚(657年~)―はじめて体験した国難「白村江の戦い」
第四章 夫婦の絆(671年~)―虎に翼をつけた「壬申の乱」
第五章 立后(673年~)―仕組まれた?「大津皇子の謀反」
第六章 称制から即位へ(686年~)―期待に満ちた「藤原京遷都」
第七章 譲位(697年~)―「万葉集」に託されたメッセージ
第八章 死没(702年)―血脈の安泰を願った「大内陵」
あとがき
文献
年表



これで、、、2007年07月13日以降(4509日)、、、
読んだ本   999冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 242300ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター


著者の一説にすぎない個所も多々あるのかもしれませんが、持統天皇おもしろい。
こういう人こそ、大河ドラマで扱って欲しい。
しーゆー。

木曜日の写真

pluspora「#木曜モノクローム

2019.11.14撮影 塩原温泉もみじ谷大吊橋 この河童さんの座り方が・・


Google+で花開いた曜日タグという文化があり、私も参加していましたが、残念ながらGoogle+は2019年4月2日に終わってしまいました。
というわけで、Google+の終了予定が発表された2018年10月10日以降は、plusporaにも曜日タグ付きで同じ写真を投稿しています。上記plusporaのリンクにてplusporaに投稿された同じタグの写真を見ることができます。私以外の人の投稿も含みます。
なお、現在もっとも多くの人が曜日タグ付きの投稿を行っているのはInstagramみたいです。私もInstagramにも投稿しています。
しーゆー。

バスツワー(もみじ谷大吊橋~鑁阿寺)

今日は休暇をとって妻と2人で栃木県のもみじ谷大吊橋~鑁阿寺と回る日帰りバスツワーに参加してきました。

朝7時に戸塚駅付近を出発。
ところが横浜新道~首都高速がすごい渋滞。
ということで、当初は足利の鑁阿寺~那須ハートランドで昼食&那須山の温泉入浴~チーズガーデン~塩原温泉もみじ谷大吊橋と回る予定でしたが、昼食時間の都合で、チーズガーデン~那須ハートランドで昼食&那須山の温泉入浴~塩原温泉もみじ谷大吊橋~足利の鑁阿寺という順番に変更となりました。

那須の御用邸の近くでは、少しでも景観を損なわないようにということで電信柱は茶色に塗られています。


セブンイレブンも茶色のお店に!


チーズガーデン五峰館でチーズケーキの試食。やはりここは昼食後に行きたかった所。


那須ハートランドで昼食。この前別のバスツワーでここに来た時と同じメニュー。


那須山の温泉でひとっ風呂。


こんな電話機がありました。今でも繋がるようです。


大吊橋。
山々の紅葉はもう少し先のようでしたが、手前の楓は見事な紅葉でした。
思っていたよりも揺れる吊橋です。


鑁阿寺(ばんなじ)の大銀杏。
樹齢550年だそうです。
見事な銀杏が黄色く色づいてました。


帰りも渋滞しましたが、楽しい1日でした。

おみやげは古印最中。美味しく頂きました。



そんな今日の写真をアルバム「バスツワー(もみじ谷大吊橋~鑁阿寺) – Google フォト」にアップロードしました。(全127枚)

同じ写真を以下の各アルバムにもそれぞれ下記の枚数を追加しました。
街 5」(今回39枚追加)
おとうさんの散歩道6」(今回88枚追加)

本エントリーは「さらにもうひとつのおとうさんの写真館」とのW投稿です。
しーゆー。

WordPress5.3にアップデート

WordPressをバージョン5.3にアップデートしました。

~ 変更内容 ~

(画像をクリックすると拡大画像を表示します。)



画像の自動回転がうれしい。
というよりも、ほかの多くのサービスではもうずっと前から実装されていた機能なので、WordPressもやっと実装してくれたのねという感じです。
これで縦長の写真をアップした後に画像の編集で回転させなくてもよくなるんですね。

あれっ、画像を別窓に表示するように設定するボタンが見当たらないんだけど・・・
これは不便。
しーゆー。

今宵の月

満月+一夜の月。
十六夜の月と言いたいところですが、「月齢カレンダー」では昨夜が暗月で十六夜なので、十七夜の月です。


トリミング写真です。
同じ写真をアルバム「おとうさんの散歩道6」にも追加しました。今回1枚を追加。
しーゆー。

水曜日の写真

pluspora「#水曜水分

2019.10.26撮影 横浜市港北区内


Google+で花開いた曜日タグという文化があり、私も参加していましたが、残念ながらGoogle+は2019年4月2日に終わってしまいました。
というわけで、Google+の終了予定が発表された2018年10月10日以降は、plusporaにも曜日タグ付きで同じ写真を投稿しています。上記plusporaのリンクにてplusporaに投稿された同じタグの写真を見ることができます。私以外の人の投稿も含みます。
なお、現在もっとも多くの人が曜日タグ付きの投稿を行っているのはInstagramみたいです。私もInstagramにも投稿しています。
しーゆー。

川崎市の嘆き?

ふるさと増税で川崎市の税収が56億円減っているそうで、そのことを車内広告で訴えている川崎市。

ふるさと納税で56億円「流出」 川崎市が車内広告で訴えたワケ – MONEY PLUS



もっとはっきりと、「ふるさと増税で流出した市税のため、あなたの街で冠水を防ぐための工事の費用が足りません。」とでも書けば、川崎に愛を感じていないムサコマダムもわかってくれるんじゃない?
しーゆー。

カテゴリー: News

今宵の月

満月だ。
わおーん!


トリミング写真です。
同じ写真をアルバム「街 5」にも追加しました。今回1枚を追加。
しーゆー。

火曜日の写真

pluspora「#火曜ベンチ

2019.10.21撮影 横浜象の鼻公園

pluspora「#火曜階段

2019.11.2撮影 横浜ハンガーヘッド

pluspora「#あっ火曜日

2019.11.9撮影 古峯神社

pluspora「#あっしたは水曜日

2019.4.27撮影 横浜象の鼻公園


Google+で花開いた曜日タグという文化があり、私も参加していましたが、残念ながらGoogle+は2019年4月2日に終わってしまいました。
というわけで、Google+の終了予定が発表された2018年10月10日以降は、plusporaにも曜日タグ付きで同じ写真を投稿しています。上記plusporaのリンクにてplusporaに投稿された同じタグの写真を見ることができます。私以外の人の投稿も含みます。
なお、現在もっとも多くの人が曜日タグ付きの投稿を行っているのはInstagramみたいです。私もInstagramにも投稿しています。
しーゆー。

日本進化論

日本進化論 (SB新書)
日本進化論 (SB新書)
posted with amazlet at 19.11.11
落合 陽一
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 5,554


日本が抱える様々な問題は実は新しい技術の導入を進めることで解決できる問題も多い。
そのためには政治的に規制を緩和するなどの施策が必要。
ということで、政治(Politics)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語「ポリテック」を提言。

~ もくじ ~

本書を始める前に―ポリテックとは何か ポリテックで「失われた20年」は取り戻せるのか―小泉新次郎×落合陽一対談
序章  テクノロジーと日本の課題を探る
第1章 「働く」ことへの価値観を変えよう
第2章 超高齢化社会をテクノロジーで解決する
第3章 孤立した子育てから脱却するために
第4章 今の教育は、生きていくために大事なことを教えているか?
第5章 本当に、日本の財源は足りないのか
第6章 人生100年時代の「スポーツ」の役割とは?
終わりにー変わりゆく時代、私たちは何をすべきか


~ なるほどな一文 ~

テクノロジーが完成された後に政治が対応するのでは遅くて、テクノロジーが出現しはじめた段階で議論されるべきだと思います。(P28)


~ もう一つなるほどな一文 ~

さらに思い切った提案をすれば、もはや1人で過ごすことを法律で規制してしまったほうが早いのかもしれません。”一人暮らし禁止法”を制定し、全国民に寮生活を送らせるのです。もちろん、集団生活によるストレスなどデメリットが生じることは十分に想定できます。しかし、「帰る場所がある」ことは、それを補って余りあるメリットを生み出してくれるのではないでしょうか。(P221)



これで、、、2007年07月13日以降(4505日)、、、
読んだ本   998冊 (1日平均0.22冊)
読んだページ 242029ページ(1日平均53ページ)

atasinti – 読書メーター


現在の日本が抱える一番大きな問題は、新しいテクノロジーの導入に消極的な人々が政治の世界の上位にいずわっていること、そしてそんな彼らが消えるのを待っていたら手遅れになってしまうということだと思いました。
しーゆー。