男性論 ECCE HOMO

男性論 ECCE HOMO (文春新書 934)
ヤマザキ マリ
文藝春秋
売り上げランキング: 1,172

「テルマエ・ロマエ」の作者ヤマザキマリさんが、古代ローマの男に対する熱い思いを語っています。
熱いです。
とにかく熱いです。
ついでに(?)スティーブ・ジョブスも出てきます。

~ もくじ ~

はじめに 日本にもルネサンスを
第1章 ヤマザキマリ、漫画的日常
第2章 男性論Ⅰ 「古代ローマ」な男たち
第3章 男性論Ⅱ ルネサンスを起こす男たち
第4章 男性論Ⅲ 変人論
第5章 女性論 成熟した「いい女」とは
第6章 ボーダーを超える!
古代ローマ史年表

~ なるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

経済成長の路線をたどることが本当の豊かさなのかと、人々が疑問を持ちはじめているいま、たとえ金銭的に潤ったとしても、人間の心はそれだけでは満たされないのではないか。文化や技術が、あらゆる場所で芽吹いてくるダイナミズムを感じ、ひととひととが触発し合うことで新しいものが創造される現場に身を置くことこしが、人間にとっての豊かさとおもしろさの実感、つまり「生きる喜び」につながるのではないかとわたしは考えます。(P16)

~ もう一つなるほどな一文 ~ (リンクはInBookの該当セリフのページ)

「変人」だっていいんです。そのひとが何ごとかを成し遂げたとき、世間は驚き、「変人」のレッテルを「天才」に変えます。(P161)

 
 
これで、、、2007年07月13日以降(2386日)、、、
読んだ本   498冊 (1日平均0.21冊)
読んだページ 115158ページ(1日平均48ページ)

book20140122
atasintiさんの読書メーター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。