Firefoxのアドオンがすべて無効化されてしまった

Firefoxのアドオンが突然すべて無効化されてしまいました。
以下のニュースのような問題が発生しているためのようです。

~ 関連ニュース ~
Firefoxのアドオンが無効化される不具合が発生中。新規ダウンロード、インストールも不可
「Firefox」でインストール済みアドオンが利用不能になる問題が発生中

「Firefox」にインストール済みのアドオンがすべて無効化され、利用不能になる問題が複数報告されている。アドオンを新規にダウンロード・インストールすることもできない。

 問題の原因は、アドオンの署名に利用されている中間CA証明書の有効期限が切れたためであるようだ。「Firefox」にインストールされているアドオンが“旧式の拡張機能”扱いされ利用不能になるほか、利用できなくなったアドオンを一旦アンインストールし、再インストールを試みると“ダウンロードに失敗しました。接続状況を確認してください。”や“このアドオンは壊れているため、インストールできませんでした。”といったエラーメッセージが表示される。



へたなことは行わずに、おとなしく待っていれば元に戻ってくれるような気がします。
逆に変な対策を行うと、公式に復旧した後で元に戻すのが面倒になってしまうかもしれません。
アドオンが使えないことで、いろいろと不便ですが、上のニュース記事に書かれている処置は行わずに、おとなしく待ってみることにします。

しかし、こんな基本的なミスは勘弁してほしいなぁ・・・
しーゆー。

Firefoxのアドオンがすべて無効化されてしまった” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です