江口寿史原画展「TONE」

江口寿史原画展[tone]」を見に行ってきました。

江口寿史さんといえば、「すすめ!パイレーツ」は大好きなマンガでした。
当時、クラウンライターライオンズの西武による買収があり、ライオンズが福岡から所沢へ移転することになってしまいましたが、西武が財力にものを言わせて増強する様をパロディ化していたりして、とてもおもしろいマンガでした。

また江口寿史さんの描く女性はとーーーっても素敵です。

そんな江口寿史さんがが80年代~90年代に、PANTONEという画材を使って制作した作品の中から、35点の原画が展示・販売されていました。
どれもとっても素敵な絵でした。

でも・・・
とってもお高くって、私には手が出せません(^^;

連載を始めても途中で投げ出したり、最近はイラストもあまり見かけなくなった江口寿史さんですが、、、
お金が足りなくなったのかしら。。。

関連ニュース
原画展を開催中の漫画家、大友克洋と江口寿史の豪華対談! | 日刊SPA! at 2012.04.30

江口寿史原画展「TONE」” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。